RO、Sesサーバーの片隅でうとうと見る夢は、きっと綿菓子色の。
http://yuurayura.blog44.fc2.com/
admin
 

お知らせ

■禁止ワードに “http://” “@”が
 設定されています。
 悪しからず、ご了承下さいませ。
■生存確認は →こちら
調印さまへの挑戦状(仮) 【終了】
 2010/03/23~2011/11/04
 顛末は →こちら
■もひとつ出るかなチャレンジ景品発送メモ
 すみさん らりさん オーフィン
 シホさん あおさん お嬢さん るきさん

プロフィール

ゆら

Author:ゆら
揺
(蒼さんが描いて下さいました!
 ありがとうございますー!)
(クリックで元画像にひとっとび

【揺(ゆら)】
楽しいこと大好き、支援Hiプリースト。旦那さんはペコって本当ですか??

【..ハルシオン..】
魔法が使いこなせないwiz。生き甲斐は卵割り。

【眠り猫 キッカ】
お買い物が大好きな製薬ケミ。愛ホムの名前は「つくね(月音)」。

【- 小宵 -】
人見知りっ子なダンサー。奮闘しては転ぶのを繰り返す、不器用な子。

【メランコリック*】
盗作SGで卵割りを夢見るローグ。通称は「ミヅ姐」。苦労性。

【花珠(かず)】
支援もできる、高速殴りASを目指すプリースト。果てしなくマイペース。

詳細は こちら
生存確認は こちら

e_04.gif

応援しています

アサ祭り 奇数月は 第一土曜日、
偶数月は 第一金曜日、
21時からプロ南にて集合開始。
アサさんはもちろん、
アサさんが大好きな方なら誰でも大歓迎!
次回開催:2011/12/02(金)
過去ログは →こちら

【アサシン祭りカレンダー】
2011年
 12月 2011/12/02(金)
2012年
 1月 2012/01/(未定)(土)
 2月 2012/02/03(金)
 3月 2012/02/03(土)
 4月 2012/04/06(金)
 5月 2012/05/05(土)
 6月 2012/06/01(金)
 7月 2012/07/06(金)
 8月 2012/08/04(土)
 9月 2012/09/07(金)
 10月 2012/10/06(土)
 11月 2012/11/02(金)
 12月 2012/12/01(土)

著作物利用ガイドライン

このページ内における 「ラグナロクオンライン」から転載された 全てのコンテンツの著作権につきましては、 運営元である ガンホー・オンライン・エンターテイメント 株式会社と開発元である株式会社Gravity 並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に 帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin (studio DTDS) All rights reserved.
© 2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載している コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、 禁止しています。
当ページは、「ラグナロクオンライン」 公式サイト http://www.ragnarokonline.jp/ (または、ガンホーゲームズ  http://www.gungho.jp/)の画像 (またはテキスト)を利用しております。

ブログ内検索

何かありましたらこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
ゆら  「キッカ キッカ~
     はい、おみやげ~」

キッカ 「わ、ひとくちケーキだ! ありがと~
     ……ということは、今日は モスコビア??」

ゆら  「ううん、おもちゃ工場~」

inおもちゃ工場01

ゆら  「狩りの終盤に ほんとに出るとは思わなかったけれどね、青箱」

キッカ 「∑ 出たんだ
     ああ、そか、ゆら姉 ニュマがあるから 行けるんだねぇ、おもちゃ工場」

ゆら  「なくても 避けてそうだったけどね~
     途中 チェペットや ハティーベベにも鉢合わせたけれど、
     それを除けば順調だったかな。
     久々の支援は、やっぱり楽しかった!
     一戦するごとにスクワットしたり、
     マグニタイマーがないから、自分にかけるブレスと速度のLv.を下げたりしてね。
     また行きたいなぁ

キッカ 「うん、いいね いいね。
     また行けるといいね





inおもちゃ工場02

 「ベベがペットになったら かわいいね~」といった話をしたときの、
 すみさんの一言がツボでした。
 曰く、「親が迎えに来る効果付き」
 こ、怖いよ キューペット ベベ!





 閑話休題。

 末の弟・オーフィンが、「ソロでアトロス狩りしたんだよ~」と言っていたので、
 「SS撮ってくれたら良かったのにー」と 返しましたその翌日。

オーフィンの雄姿01

オーフィンの雄姿02

 ……。
 ごめん、負けました。完敗です。
 まさか ほんとに撮ってくれるとは思わなかった……!
 おめでとーう! 
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2009.06.28/ 13:16(Sun)
ゆら  「……(ぼけー)」

こよい 「……ゆら姉?
     どうしたの??」

ゆら  「んー、ちょと休憩中~
     アマツで狩るのは嫌ではないし、
     お時間が合えば ペコさんが顔のぞかせてくれるし、
     公平狩りも誘ってもらえているのだけど……
     やっぱりね、たまには気分転換。
     代わりに キッカが製薬したり、ハルがIrisに旅行に行ったりしてるよ」

こよい 「……製薬? 旅行??」

ゆら  「うん、青ハーブがだいぶ貯まってたからね。
     ついでに支援なしでどのくらい製薬できるかも測ってるみたい。
     ハルはIrisで、引き続きムカーを焼いてるんだって」

こよい 「……ムカー??」

ゆら  「逃げ撃ちすれば狩れるのですって。
     経験値もおいしいし、槍が出れば 素売りでもけっこうな資金になるって言ってたよ。
     今日でFWもFBもLv.10になったから、
     次行く時は 赤芋峠か 龍之城に行くみたい」

こよい 「時計には まだ早い?」

ゆら  「んー、どうだろねぇ。
     まぁ、せっかくの旅行だし、気ままに過ごすのではないかな?
     ――そうだ、こよいちゃんも、今日はどこか出掛けてくる?」

こよい 「!
     ……いいの??」

ゆら  「行っておいで、行っておいで
     ちょうど煌羽GでG集会があるから、
     楽しんでおいで~」

こよい 「うん、ありがとう…!」





こよいでG狩り01

 そんなわけで。
 今週のG集会は、煌羽Gと 絆Gで誘い合わせ、85-95PTでタナトスタワーに行ってきました。
 構成は、Hiプリさん、プリさん、LKさん、アサさん、アサさん、ハンタさん、Wizさん、ダンサの8名。
 結構な大所帯だった!
 支援組さんは ほんとに大変だったと思います、ありがとうございましたー!

 狩りは、始終安定ペース。
 私が1回転んだ程度??(下手にタゲもらっちゃった……orz
 タナシリーズも出て来ず、ぐんぐん進軍できた気がします。
 思い返すと、LKさんが先行して、上手にまとめて戻ってこられたのが すごかった。
 レアは特にはなかったけれど、
 1時間ほど がっつり楽しんできましたっ!

 それにしても。
 久々の ダンサでのPT参加だったけれど、立ち位置って本当に難しい
 近寄り過ぎてもいけないし、
 S4Uするにも 殲滅中に踊ると PCが悲鳴を上げるし……
 これは…やっぱり慣れなんだろうなぁ





 ゆらは といえば、ようやっとBase Lv.55/Job Lv.41。
 まだまだ先は遠い……
 早く皆さんと遊びに行きたいぞ…!


 続きは 個人的なメモ。
 キッカの製薬記録。 

>>>Read more

編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2009.06.26/ 10:49(Fri)
きょう珠(たま)は、ゆらで効果みたいなログするつもりだった?
だけど、きのう、ゆらで相談ー!

*このエントリは、ブログペットの「珠(たま)」が書きました。 
Category: 珠(たま)
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
ハル  「ただいまー。
     あれ、ゆらは?」

キッカ 「部屋で いじけてるー。
     ハル、シシィさんの発光式に行ってきたんでしょ?
     自分も行きたかったのにー・って」

ハル  「子供か あの子は!
     じゃあキッカ、先に見る? おみやげのSS」

キッカ 「わ、見たいー!」

ゆら  「私も見たいー!!」

ハル  「まるで おやつにつられる子供みたいね。
     詳しい様子は、ご当人の シシィさんのブログ に期待してねー」

シシィさん発光式01

ハル  「ええと、集合場所は シシィさんたちのたまり場でした。
     右側のHiプリさんがシシィさん、隣のHiWizさんが 相方のクロさんだよ」

ゆら  「おおう、このお二人が!」

ハル  「シシィさんからは ウィザードハットやら 葉っぱやら、
     いろいろと 装備品やら支度金やらを戴いてしまいました。
     お祝いに行ったのだか お世話されにいったのだか分からないね
     ありがとうございましたー!

キッカ 「たまり場も賑やかそうだねぇ」

ハル  「うん、愉快で優しい方々だったよ。
     私も終始笑ってた!
     また お会いしに行きたいなぁ」

ゆら  「感慨にふけるのは まだ早いよぅ、
     次 次~」

ハル  「せっかちだねぇ
     ええと、しばらく 歓談しつつ参加者さんが集まるのを待って、
     ポタに乗せていただいて、会場に移動。
     会場はアマツ神社でした」

シシィさん発光式02

ハル  「ひとり一本ずつ枝を折って、公平PTを組んだシシィさんとクロさんがMobを倒していくの。
     かわいいMobがたくさん出たよ。
     さすがに インプとか DIさまとかが出たときはぎょっとしたけど」

ゆら  「えええ、DIさま出たの!? 出たのっ!!?」

キッカ 「喰いつくとこ そこなんだ ゆら姉!?

ハル  「しばらくは vsDIさまも お預けだからねぇ。
     ちなみに 今回の発光式には、いろんな趣向が凝らされててね、
     あらかじめ Mobの属性予想をしていたり、
     発光Mobを出した方には賞品が用意されていたりしていたよ。
     至れり尽くせりだったなぁ」

キッカ 「ゆら姉のときは用意するどころか、どっきり発光だったものね」

ゆら  「う、ううう……ごめんなさい、ごめんなさい…(>_<。 」

ハル  「はい そこ 私事を挟まないー。
     ――まぁ、最終的には 6順目か7順目かくらいだったかな、
     アムムトで めでたく発光なさいました」

シシィさん発光式03

ハル  「シシィさんと クロさんの おふたりが」

ゆら・キッカ 「ええええっ!?」

ゆら  「え、え、クロさんも同時発光だったの!?」

キッカ 「偶然でなくて、きっちり同時!?」

ハル  「うん、私も ほんとにびっくり。
     シシィさんのお友達さんがたは うっすらと予測されてたみたいだけれど。
     素敵なサプライズだったなぁ。
     いいねぇ、こういうの」

ゆら  「そうだねぇ。
     はわー、いいなぁ、おめでたいなぁ、すごいなぁ」

キッカ 「ほんとだねぇ。
     シシィさん、クロさん、ほんとに おめでとございますー!」

ゆら  「おめでとさまですー!」

ハル  「本当に、おめでとうございます。
     そして 当日は、よくしていただいて ありがとうございました。
     また お邪魔しますね」

ゆら  「∑ あああハルずるい、私も 私もー!」

ハル  「∑ ちょっと 横槍入れないでよ、せっかくきれいに締められそうだったのに!

キッカ 「ゆら姉行くなら私も行くー!」

ハル  「ええい、たまには私にも優越感に浸らせなさい!」


シシィさん発光式04


W発光 おめでとうございます!
これからは きらきらと輝く、素敵なROライフを!


(も少し大きな記念SSは 続き に格納~) 

>>>Read more

編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
ハル  「……どゆこと??」

キッカ 「中の人が忙しくなりつつある・という話だよ~
     夏が一番忙しい時期だからね、
     ブログに割ける時間が少なくなるみたい」

ハル  「あら、まぁ。
     今年も乗り切れるといいわねぇ、夏」

キッカ 「そうだねぇ……」





 とりあえず 今のところは生きてます、ゆらです こんばんは。
 よたよたと疲れて帰宅した直後にアルコールを摂取して悪酔いしかけたりしたみたいですが(
 空腹時の飲酒は厳禁ですよー


 さて、土日のROダイジェスト。


【畳、のちイズD】
 相も変わらず 畳です。
 ハイドクリップを貸し出し中なので、アマツ名物反則忍者さん(テレポなんてずるいよ!)と遭遇しましたら急いで2~30秒ほどリログします。
 予告なしにリログしてるのはこのためなのです、
 毎度ごめんなさい……

風前の灯01

 まぁそれでも、転がる時は転がるわけですが。
 この日はタイミングよく、らりさんが新キャラ・テコンガールでイズDに行く、というので帰還。
 ブレスはないけど速度はあるのです。まだ4だけど!
(スキル振りを微妙に間違えたけど気にしない!)
 イズD3Fでオボンヌやカナトゥスと戯れていると、見覚えのある騎士さんが通過して行きました。
 そして戻ってきました。

風前の灯02

 やてさんの騎士さんでした。
 たまり場ではよく拝見するけれど、AGI騎士さんだということはこの日初めて知りました。
 やっぱりHaeee!が好きな方が多い様子。
 さておき、珍しいメンツでさくさく狩りを続けまして。
 この調子なら4Fにまで行けるかな? 危ないかなぁ、怖いなぁ……
 え、あれ、行くの? あれ、行っちゃった??
 流されるままに4F突入してまいりました。
 案外危うげなく狩れるものですねぇ。
 SPはかつかつでしたが、お座り励行でどうにかなった感じです。
 そしてしまいには5Fにまで行っちゃった――ものの、ストラウフ1匹で退散。
 うん、いい判断だったと思う。
 も少し成長したらまた来るよ!


【畳、のちカタコンベ】
 一日は畳から始まります。
 Intは60で既に止めているので、2~3匹倒すとSPバーが真っ黒です。
 それでもヒール砲の回数がじわりじわりと少なくなってゆくのが嬉しい。
 そんな折。
 ふと、ペコさんからWisが届きました。

風前の灯03

 はからずともドル様デビューです わーい!
 嬉しさが通じたのか、GH入口から 修道院まで、テレポ一発でした。
 まぁなんて幸先のいい。
 でもドル様強かった……
 強いというか、タフでした……orz
 なので相談ののち、カタコンベに移動。
 ドル様ほどではないにしろ、SPは常に枯渇状態。
 結婚スキルが追い付きません――というか、
 あんなにもスキルを使っていただいたのは、きっと初めてです
 おかげさまで すくすく育ちました、ありがとさまでしたー!
 レベルが追い付いたら、きっちり支援しますねー!

 ペコさんが落ちたのちは、畳に舞い戻り。
 この日は忍者に出会うこともなく、無事に一日を畳で締めくくることができたました。
 うん、健康的(? 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
たまの激励01 たまの激励02

 なんだか珠が期待に目を輝かせて力説してれるので、
 「頑張らねば!」と決意を新たにした次第です。はい。

 そんなわけで。
 さらに強くなるべく、さぁ今日もマンドラゴラマップへ!
 ――と思ったところでふと思い出しました。
 そういえば 転生前にちょろっと手を出したアカデミー、まだ終わってないよね ゆらって?
 おお、これは美味しいかもしれない。
 そんな思惑でいそいそとアカデミーに行ってみましたらば。

世間はそんなに甘くない

 ……どうやらBase21にしてすでに、支援NPCがたじろぐほどの貫禄を身に付けているらしいです。
 アカデミーはそんなに甘くなかった……っ orz

 嘆いていても仕方ありません、
 畳のため、ニューマのために 出掛けた、次なる場所は。

世間はそんなに甘くない02

 元祖ヒール砲狩り場のフェイヨンダンジョン。
 面白いほどSPがなくなってゆきます。
 けれども低レベルヒールでも倒せますし、ファミリアーもHL一確と、危うげのない場所です。
 ファミリアーからはアクセサリのお土産もいただきました。リボンかな??
 それなりに楽しみつつコツコツ狩って コツコツ座って、BaseとJobをひとつづつ上げまして。

世間はそんなに甘くない03

 ただいま アマツ、ただいま銃騎兵ー!
 一体倒すだけでSPがからっぽになりますが、Expバーはがっつり増えてゆきます。
 すごいなぁ、アマツ。
 とりあえずは カプラの猫耳ヘアバンドを かぶれるLv.30を目指し、ぐんぐん奥を目指します。
 久々過ぎて道に迷い、Gチャで嘆いたのもご愛敬(その節はありがとさまでした……!
 しばらく狩っていますと Criクルセさんが覗きに来て下さいました。
 カブキ忍者に襲われても怖くありません、わーい!
 付き添っていただいて、だいぶ狩りは楽になりました。ありがとさまでしたー!
 おかげさまで順調にレベルは上がって行き、

世間はそんなに甘くない04

 目標達成しました わーい! 
 次は ツインリボンの Base45だ…!

 そんなこんなで。
 しばらくはアマツに閉じこもります。
 たまり場になかなか顔を出せなくなるかもしれませんが、
 お声をかけていただきましたら飛んで帰りますー!
 基本的にさみしがり屋なので、しっぽぱたぱたさせて喜びます(気分的に

 ……しっぽなんてないだろ、と思われた方。
 うん、私も書いてから思いました。


 と、忘れてた。

世間はそんなに甘くない05

 いい具合に落ちがついたので、ここらで撤収。
 近いうちに、オーフィンからハイドクリップ返してもらわないとなぁ
 火鎧を着るといいとwikiにはあったけれど、蛙シルクの効果が偉大すぎてなかなか踏ん切りがつかなかったり。
 まぁ、のんびり考えます~ 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2009.06.19/ 19:56(Fri)
 とりいそぎ。

青ウサギ初勝利

 雪辱は、晴らしたんだぜ…!
 InsertキーとPrtScキーを間違える呪いは、絶賛発動中です orz


 現在 Base21/Job14。
 Jobが あとひとつでニューマが覚えられます。
 畳生活まで、もう少し! 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
ゆらの「まったりプチレアMOBツアー」のまねしてかいてみるね

ゆら「さて、今日もマンドラゴラマップ行くぞー!」「さて、今日もマンドラゴラマップ行くぞー!」「……『さん、あなたに逢いたい!!』」そんなことで呼ばないであげようよ!?」ゆら「今日も会ったんだ!?」ゆら「……『さん、あなたに逢いたい!!』」そんなことで呼ばないであげようよ!?」ゆら「あわわあわわあわわ」「うあーん、さんは強いんだぞっ、取りのつもりで青ウサギを素手で殴ったら、2回で倒せちゃうくらい強いんだぞっっ」「うあーん、さんは強いんだぞっ、取りのつもりで青ウサギを素手で殴ったら、2回で倒せちゃうくらい強いんだぞっっ」「ゆら姉はあいかわらず、SSを撮るキーと座るキーを間違えちゃうくらいに間抜けなんだぞ、っと」ゆら「……『さん、あなたに逢いたい!!』」そんなことで呼ばないであげようよ!?」ゆら「うあーん、さんは強いんだぞっ、取りのつもりで青ウサギを素手で殴ったら、2回で倒せちゃうくらい強いんだぞっっ」「でも逃げてばかりじゃ一人前になれないよね!」「ゆら姉はあいかわらず、SSを撮るキーと座るキーを間違えちゃうくらいに間抜けなんだぞ、っと」ゆら「ゆら姉はあいかわらず、SSを撮るキーと座るキーを間違えちゃうくらいに間抜けなんだぞ、っと」ゆら「今日も会ったんだ!?」ゆら「あわわあわわあわわ」「さて、今日もマンドラゴラマップ行くぞー!」「おー!いってらっしゃーい!」ゆら「……『さん、あなたに逢いたい!!』」そんなことで呼ばないであげようよ!?」ゆら「ゆら姉はあいかわらず、SSを撮るキーと座るキーを間違えちゃうくらいに間抜けなんだぞ、っと」ゆら「今日も会ったんだ!?」ゆら「今日も会ったんだ!?」ゆら「おー!いってらっしゃーい!」ゆら「おー!いってらっしゃーい!」ゆら「でも逃げてばかりじゃ一人前になれないよね!」「

*このエントリは、ブログペットの「珠(たま)」が書きました。 
Category: 珠(たま)
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2009.06.18/ 19:42(Thu)
ゆら  「さて、今日もマンドラゴラマップ行くぞー!」

キッカ 「おー!
     いってらっしゃーい!」

絵日記風味01

ゆら  「あわわあわわあわわ」

キッカ 「今日も会ったんだ!?

ゆら  「でも逃げてばかりじゃ一人前になれないよね!」

絵日記風味02

キッカ 「ゆら姉、分相応って知ってる? 引き際って知ってる??」

ゆら  「好奇心は猫をも殺す、なら知ってるよ」

キッカ 「じゃあ、エクリプスのHPが1800あることも知ってる?」

ゆら  「……『ペコさん、あなたに逢いたい!!』」

絵日記風味03

キッカ 「∑ そんなことで呼ばないであげようよ!?

ゆら  「うあーん、ペコさんは強いんだぞっ、
     タゲ取りのつもりで青ウサギを素手で殴ったら、
     2回で倒せちゃうくらい 強いんだぞっっ」

キッカ 「ゆら姉は あいかわらず、
     SSを撮るキーと 座るキーを間違えちゃうくらいに 間抜けなんだぞ、っと」

ゆら  「∑ うああーん!!(>□<。 」

キッカ 「……なんだか涙もろくなったね、ゆら姉。
     転生したからって、中身まで幼児退行しなくていいんだよ?
     ほらほら、せっかくペコさんがインなさったのだから、
     おふたりで ポリン島にでも行っておいでー??」

ゆら  「えぐ。
     うん、行ってくるー」

絵日記風味04

キッカ 「∑ なんでペコさん縮んでるの!?」

ゆら  「……魔法ペコさんが若返ったらしいよー?」

キッカ 「あああ だから私の所属Gがなくなったのか!
     うああああん、魔法ペコさん返せー!(>□<。 」

ゆら  「∑ あ、あああ、泣かない泣かない、
     ほら、新見習ペコさんが新しいG作ってくれたよっ!
     あ、ほらほら、こんな子も出てきてくれたよっ!」

絵日記風味05

絵日記風味06

キッカ 「わぁ、会えたんだ!
     ポリン島に来たら、ちょっとわくわくしちゃうよね、この子たちに会えると!」

ゆら  「デビリンと マスリンにも 会えたらコンプリートできたのだけどねぇ。
     こちらは今後の楽しみに取っておこう

キッカ 「そうだねぇ。
     ――しかしまぁ……
     ほんっとに のんびりしてるねぇ」

ゆら  「これくらいが、私にはちょうどいいんだよ





(気持ち的に、二頭身キャラクターくらいになった気持ちで絵日記風に。
 ……した、つもり。
 読み返すと いつもと変わってな……orz) 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
ゆら 「ログインしたらば、なぜかドレスのままでした」

ハル 「そりゃまぁ、前日に効果が切れないままログアウトしちゃえばねぇ」

ゆら 「この日に転職するつもりだったのだけど、
    効果が切れるのを待つのもなんだったので、
    そのまま歩いて行きました。
    ……転職場所がプロンテラでよかった……!」

ハル 「そうねぇ
    でも、その姿で大聖堂に向かう・って……」

ゆら 「うん、ばっちり誤解されました……orz
    祝福を、ありがとございましたー!
    でも 紛らわしくてごめんなさいー!

ハル 「まぁ、そういうことに なるだろうね。
    ――というか、そもそもドレス姿で転職なんてできるの?」

ゆら 「うん、それは私も疑問だった。
    まぁ そこは、案じるより産むが安しの精神で。
    追い返されたら 効果が切れるまで待てばいいだけの話だしね~
    で、結局、」

今後の暗示01

今後の暗示02

ゆら 「転職できちゃいました」

ハル 「できるんだっ!?

ゆら 「今年のHiアコライトの制服は赤いドレスだそうだよっ!」

ハル 「待て待て待て待て、大ウソを吐くなっ!?」

ゆら 「あははー
    まぁ、結局このあと、間をおかず効果が切れて、
    晴れてHiアコの衣装に戻ったわけなのだけど。
    大聖堂を出たところで、事件は起きました」

ハル 「今度は何よ……」

今後の暗示03

ゆら 「大聖堂を出てすぐに 半透明のマジさん見たらぎょっとするよね?
    自分の目を疑うよね? 真偽を確かめに近付いちゃうよね??」

ハル 「うっかり近付き過ぎてタゲられて、
    逃げる途中に通行人さんになすっちゃったわけね?」

ゆら 「慌てて引き返したらこんなことになりました orz
    ご迷惑かけてしまって ごめんなさい、
    そして助けて下さってありがとさまでした、つあさんとお友達さん~

ハル 「しかも転職直後だったから、
    ブレス・速度はおろか、ヒールもできなかったんじゃ……」

ゆら 「かろうじてHLできたけど、与ダメが1と、泣きそうな数字でした……」

ハル 「え、HLの取得レベルって Job Lv.30必要じゃなかった?」

ゆら 「転職と同時に取得できたよ~
    『転生前のクエストスキルは、クエストなしに取得できる』って、
    こういうことだったんだねぇ」

ハル 「ふぅん。
    で、ようやっと レベル上げ?」

ゆら 「うん、たまり場に寄ってから、
    懐かしのバッタ海岸へ!」

ハル 「ああ……ミヅ姐も キッカもお世話になって、
    アコのくせにあんたも お世話になった、あのバッタ海岸……
    Lv.20にもなってクラブ片手に通った、あの……」

ゆら 「だから当時はヒール砲なんて知らなかったんだってばっ!
    でも低レベル時代は バッタや サベージベベを叩くといい・って、
    アコ・プリwikiにあったから、間違ってはいないと思うんだ。
    そんなわけで、ただいまバッタさん!」

今後の暗示04

ハル 「おー……
    殴ってる 殴ってる……」

ゆら 「HLを1~2発当てたあとは、ひたすら ぽこぽこ。
    たまーに ポポリンにもちょっかい出してみた」

ハル 「え、でもHLあるなら、もっと安全に狩れるMobがいるんじゃないの?
    マンドラゴラとか」

ゆら 「……(ふぃっ)
    ……5分くらいで気付いて、行ってきましたマンドラゴラフィールド」

今後の暗示05

ゆら 「HL5~6発くらいだったかな。
    3~4匹くらいでSPはなくなっちゃうんだけど、
    少し座っていればすぐに回復できるし。
    のんびり1時間くらい狩って、最終的に Base17/Job10 になったのかな。
    テレポ2まで覚えることができて、だいぶ楽になった!」

ハル 「ハエと蝶がいらなくなるのは大きいわねぇ。
    ニューマまで覚えれたら アマツに行くの?」

ゆら 「うん、その予定。
    その前に フェイヨンDにも行くかもしれないね」

ハル 「ただいまドル様は、まだ遠いわねぇ……」

ゆら 「そうだね……





(マンドラゴラフィールドのお約束)

今後の暗示06

(おそるおそる戻ってみると、
 AX・アコペアさんが きっちり狩っていました。
 久々に見たなー、青ウサギw) 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2009.06.16/ 21:30(Tue)
ゆら  「の、その前に」

キッカ 「ゆ、ゆら姉…?
     なに倉庫ごそごそしてるの??」

ゆら  「うん、ちょっとねー?
     ――あー、あったあった」

良い日旅立ち01

キッカ 「……ナニゴト??」

ゆら 「うん、転生する前に、自力で実現可能なMaxHP測定をしようと思って。
    残念ながら、夢のHP10.000 には届かなかったよ……」

キッカ 「うあー、あと346かぁ。
     リジット盾と、もひとつスポアネックレスがあれば実現したかもね。
     ……ん、あれ。
     さりげにStrが4になってるのは、気のせい…?」

ゆら  「装備が余分に持てたり、回復剤が多く積めたりと、
     いろんなところで大活躍だったよ」

キッカ 「どうせならLukに振って、ぷち完全回避に期待すればよかったのにー」

ゆら  「ま、迷ったけれど、いいんだよ 満足してるんだからっ!
     さておき……
     むー、悔しいなぁ、とぼやいていたら、
     ペコさんがこんなものを貸して下さったっ!」

良い日旅立ち02

キッカ 「∑ うああ、ハイレベル装備だー!
     でもおしい、あと258…!」

ゆら  「うん、残念
     でもまぁ、良い経験だったよ。勉強にもなったしね。
     そんなわけで、一通りやり残したことはやり終えたので、」

キッカ 「G狩り支援は??」

ゆら  「……必ずしも土曜日に皆さん集まれるわけではないのだよ、
     不可抗力なんだよ、気にしちゃダメだっ!
     とにかくそんなわけでっ!」

キッカ 「ん、いってらっしゃい~」

ゆら  「うん、いってきまーす!」 

>>>Read more

編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
2009.06.14/ 09:29(Sun)
こよい 「――ふと、思ったのだけど」

ゆら  「うん? なにー??」

こよい 「ゆら姉さんのGメンバーさんで、おとーさん・って呼ばれてる人がいるでしょう??
     どうして、「お父さん」?」

ゆら  「あー。
     んとね、私と りるさんは、ほぼ同時期にギルドに勧誘していただいたのだけど。
     そのときのおとーさんの自己紹介が、「みんなの父です」だったのね。
     で、その場で「父ちゃん」「パパ」「父上」「親父殿」etc.etc.、いろいろ呼ばれて。
     今考えると冗談だったのかもしれないけれど、
     当時の私は間に受けちゃってねぇ。
     以来 ずっと、「おとーさん」って呼んでるんだよ」

こよい 「そんな逸話が……」

ゆら  「その おとーさんなのだけど。
     過日6月12日、めでたく ご結婚なさいましたー!」

おとーさんウェディング01

こよい 「……VS ??」

ゆら  「あっはっは、気にしない~
     時間には少々遅れてしまったのだけれど、
     なんとか間に合ってよかった、本当に……
     今回は 忘れることなく 花火を用意!」

こよい 「おー」

ゆら  「でも肝心のお祝い一式を忘れて、途中で取りに行く羽目に!」

こよい 「だめじゃないの……」

ゆら  「あ、あぅ……
     で、でもでも、挙式はつつがなく迎えられたよ!」

おとーさんウェディング02

ゆら  「何度見ても、いいねぇ、この瞬間
     このあと 花火を打ち上げたり、
     春さんにイドゥンの林檎を演奏してもらったりして お祝いタイム。
     さらに 結婚行進をしに、プロからイズルートまで練り歩いてきました!」

おとーさんウェディング03

おとーさんウェディング04

おとーさんウェディング05

おとーさんウェディング06

こよい 「……明らかに、人様のたまり場だよね??」

ゆら  「おとーさんか ベルさんのお知り合いだったのかなぁ??
     とにかく いろんなとこにお邪魔して、
     たくさん 祝福をいただきました。
     あ、ちなみに4枚目のSSは、特殊一次職祭りの会場だったらしいよ」

こよい 「∑ よかったの??」

ゆら  「……さぁ
     でも ありがたいね、嬉しいね。
     たくさんの方々に、おめでとうって言ってもらえていたよ。
     このあとは イズルートまで行って、ジャワイに行くかとの話も出たのだけれど、
     既婚の方ばかりではないので断念。
     で、どこに行ったかというと」

おとーさんウェディング07

ゆら  「定番(?)の、ウンバラバンジー→ニブルコース!」

こよい 「定番…だったっけ……?」

ゆら  「とはいえフィールドまで行くことはなく。
     途中で衣装が元に戻ってしまった時点で、その場で座談会に移行」

こよい 「ニブルの片隅で座談会……?」

ゆら  「その場の勢いって大事だよね!
     新郎新婦さんは さっそくスキルを使ったり、お互いの呼称を考えたりしてて、
     とっても幸せそうだったよ~
     便乗して私もスキルを使おうとしたのだけど……
     ペコさんがいなかったのと、ポタメモ禁止区域だったのとで不発でした……」

こよい 「……(肩ぽむ)」

ゆら  「あと、これは余談になってしまうのだけど。
     参加者のうちお 3方が、養子エタ剣士さん、養子スパノビさん、養子プリさんで、
     おまけに 私と りるさんが「おとーさん」「パパ」と連呼するものだから、
     さながら 子だくさん夫妻に見えないこともなかったです。
     ベルさんが、「できちゃった婚ですか」と 思わず言ってしまうくらい」

こよい 「勢いに乗じて、ベルさんを「おかーさん」とか呼んでないよね…?」

ゆら  「あれ、なんで分かるの??」

こよい 「………」





おとーさんウェディング08

 おとーさん、ベルさん、ほんとに おめでとさまでしたー!

 これからも、
おとーさんウェディング09
 こんなラブラブな夫婦でいて下さい…! 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
ハル  「ただいま。
     あれ、ゆら帰ってるの?」

キッカ 「うん、寝てるよ~
     ハルが怒ってるのが怖くて、こっそり出入りしてるみたいだよ」

ハル  「∑ 怒ってないわよ、
     そんなこと言うから 珠が誤解するのよ!!

動力源は珠06 ハル怖い

キッカ 「短気なのは事実だけれどね~
     ハルはまだいいよ、私と こよいちゃんは、名前すら呼んでもらえないんだから」

ハル  「真面目に狩りに出掛ければ、あんただって呼んでもらえるようになるわよ」

キッカ 「ハルは 私より狩りに出掛けてないよね??
     まぁいいや、それより ゆら姉のSS見てたの、
     ハルも見る?」

ハル  「ん、今日は どこ行ってたの?」

ぷちアサ祭り01

キッカ 「朝凪さんと りるさんと 誘い合わせて、カタコンに行ってきたみたいだよ。
     ゆら姉は お風呂、りるさんは ごはんまでの短時間だったみたいだけれど。
     ASPDは早いし、クリは出るし、強いし、避けるしで、
     楽しい時間を過ごしたみたい。
     別のSSに、「PT名、ぷちアサ祭りにすればよかったー」って言ってるのもあったよw」

ハル  「そういえば、Gメンさんに アサシンを持ってる方 多いものねぇ。
     やろうとすれば できるんじゃない??」

キッカ 「そだねぇ……最近はG内での交流が盛んだし、提案してみるのも一興かも??
     まぁ、それはまた今度のお話だね。
     さておき お風呂を済ませて 少し休憩して、
     再ログインして裏作業しながら チャットしてると、
     お嬢さんから名無しのお誘いがあったみたい」

ハル  「あら、久々の名無し??」

キッカ 「だけど残念、今回は断念したのだって。
     お嬢さんが出掛けたあとに、ご用事済ませて 一息ついて、
     それから こんなとこに行ってきたみたいだよ」

古城おさめ01

ハル  「なんだか ふたりともHPが真っ黒なんだけど!?

キッカ 「るきさんに 古城おさめに付き合ってもらったらしいのだけど、
     ひどかったみたいだねぇ
     この日だけで、るきさん 3~4回は転んでるはず」

ハル  「∑ なにやってんの ゆらは!!」

キッカ 「大型PTが2組いて、沸き沸きだったのだって
     もちろん、ゆら姉のブランクのせいも多大にあったのだけど。
     たぶん これが転生前の最後の古城ペアになるだろうし、
     当分は るきさんたちGメンバーのみなさんと組めなくなっちゃうから 取り戻せないしで、
     ゆら姉、ずいぶん へこんでたよ」

ハル  「ブランクと言っても、数週間程度でしょう?
     それだけで ここまで ひどいようなら、
     転生後、古城ペアできるようになっても……目も当てられないんじゃないの?
     ――あれ、というか、
     古城おさめ、ということは、やっと転生する気になったの?」

キッカ 「ああ、うん、
     結局 発光からちょうど一ヶ月になる14日にジュノーに行くつもりなんだって。
     しっかり堪能したものの、やっぱりまだ、名残り惜しいみたいだけれど」

ハル  「まぁ、気持ちは分かるけれど。
     では もうあと2日なんだね。
     心おきなく転生前を楽しめるといいんだけど……って、
     心配しなくても しっかり堪能してるわね、現在進行形で

キッカ 「ふふ、きっと転生後も頑張れるよ、これだけ今を楽しめているなら」





(古城おさめでは 深淵様も名残りを惜しんで下さいました。
 あふれるほどの愛情が空恐ろしかったです)

古城おさめ02


(連日更新のおかげで、早くもSSフォルダが100枚を通り越しました。カオスです。
 たまーに、オーフィンがプレイしていた名残が見え隠れしているのが 微笑ましい。
 彼は連日、アサで スリッパ籠りをしているようです(と 暴露してみる)。
 頑張れー!) 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2009.06.12/ 11:21(Fri)
ゆらの「豪華2本立て!」のまねしてかいてみるね

ゆら「

*このエントリは、ブログペットの「珠(たま)」が書きました。 
Category: 珠(たま)
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2009.06.12/ 00:40(Fri)
ゆら  「ただーいま~……(そろーり)」

キッカ 「……ゆら姉?
     なに こそこそしてるの??」

ゆら  「いや、なんだか ハルが怒ってる気配がしてね?

キッカ 「あはは~
     ハルも短気だからねぇ。
     で、今日はどこ行ってきたの??」

ゆら  「今日はね 今日はね!
     ペコさんの時間に裕があったから、ちょっと豪華に2本立てだったんだ!」

豪華2本立て01

ゆら  「1本目はこちら、生体工学研究所2F。
     3Fには怖くて行けませんでしたっ!」

キッカ 「いや、いい判断だと思うよ
     しかし、なんでまた生体2??」

ゆら  「んーと、オーラロード中に1度、行ってみたい・って言ったことがあったのね。
     けれど まぁ追い込み中だったし、無理はやめておこう、と諭されて。
     それで改めて来てみたいな、と思ったんだよ。
     2~30分程度狩って、どんなものか分かればそれで充分だったのだけど、
     なんだかんだで1時間くらい居たのかな?
     わがまま聞いて下さった すみさんには感謝です!
     ありがとさまでしたー!(>_<。 」

キッカ 「また無茶を……
     ゆら姉はもうデスペナフリーだからいいだろうけど、
     ぺこさんは まだまだJob上がる途中でしょ?
     あんまり 危ないとこ連れてかせちゃだめだよー」

ゆら  「∑ はうぁっ!?
     ご、ごめんなさい…!

キッカ 「や、私に謝られても
     ――で、狩りはどうだった?」

ゆら  「ぺこさんが避けてくれるおかげで、覚悟してたほどではなかったかな?
     でもまぁ……囲まれると本当に怖かったけれど
     HPが真っ赤になって、壊滅しかけたのが2度ほど……」

キッカ 「∑ 何やってるの」

ゆら  「返す返すも、ぺこさんにお手間かけさせた狩りだったなぁ
     生体Mobは属性がばらばらだから、持ってく武器に悩んでたみたい。
     結局 処刑剣に 魚帽子の水付与でいってみたのだけど、」

豪華2本立て02

豪華2本立て03

キッカ 「∑ あああ ジェミニって水属性なんだ!
     これは…ショックだ……

ゆら  「うん……
     結局 武器持ち替えで対応してもらったよ。
     本当に…お手間掛けさせました……orz
     楽しかったけれどね!
     滅多に来れない場所だから、とても新鮮だった!
     装備品もたくさん落としてもらったよ!」

キッカ 「ほうほう、例えば??」

ゆら  「バトルアックスとか アックスとか スレイヤーとか マフラーとか!」

キッカ 「お、おめでとー…??

ゆら  「ありがとー…??
     ま、まぁ そんなこんなで 第一部は終了。
     いつもと少し違う、はらはらどきどきの狩りでした。
     で、第二部なのだけど。
     1時間くらいしたころに、らりさんからGチャがあってね、
     「西兄貴で狩ってるけど、覗きにきませんか~」って。
     それで一旦帰還。
     たまり場で少し歓談してから行ったから、ほんの数分だけだったのだけど、
     西兄貴村にお邪魔してきましたっ」

豪華2本立て04

ゆら  「見にくいけれど、らりさんの服が染色されてたよ。
     アサさんのは、赤くていい感じだねぇ」

キッカ 「あ、私も見たよ!
     白銀髪のアサシンのおねーさんが 赤い花のカチューシャつけてて、
     すごくよく似合ってたっ!」

ゆら  「そうそうw
     ご一緒したのは ペコさんのすぱのびでした。
     ゲストにオークヒーローも登場してくれたのだけど、
     慌ててしまってSSが撮れませんでした……」

キッカ 「∑ もったいない」

ゆら  「だって、まさか入口近くにいるとは思わなかったんだもの!
     キリエもかけてなかったから、
     そこから 少し離れた所に置いてくるだけでも精一杯
     ヒットストップで どうしようもなくなってから飛んで戻ってきたのだけど、」

豪華2本立て05

ゆら  「なんだか 楽しそうなことしてました」

キッカ 「笑……っていいのかな これ!?

豪華2本立て06

キッカ 「こらーっ!!

ゆら  「いやいや、ちゃんと起こして、
     3人仲良くプロに戻ったよ~
     こんな感じで、ちょっとばかり贅沢に過ごした夜でしたっ
     すみさん、らりさん、ありがとでしたー!」

キッカ 「無茶ばかりしてると、そのうち愛想尽かされるよ ゆら姉……」

ゆら  「∑ ごめんなさいっ!





(うん、いや、……毎度毎度、わがまま言ってごめんなさい
 いつもありがとうございます (>_<。 )

(密やかに 連日更新を頑張っていたのだけれど、
 ……残念、30分遅かったっ orz) 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
キッカ 「ただいま~
     ……あれ、ゆら姉が いない」

ハル  「あら、ほんと。
     さっきまで居たのだけど……
     服染色に小躍りしていたし、やっと重い腰上げて、
     ジュノーに転生しに行ったかしら?」

こよい 「……Gメンバーと GDに行くって言ってたよ??」

ハル  「誰か縄持ってきなさい 縄」





 冗談にもならない冗談は さておいて。

 Gメンバーの らりさんの呼び掛けで、お暇な方々とGD2に特攻してきました。
 ほんとは70台で集まれば良かったのだろうけど、
 70台近辺の子がいなかったので、外支援するつもりで ゆらでGo。
 ……うっかり一声言い添え損ねて、90台メンバーが多数集まりました。
 ごめんなさい、ごめんなさい……
(こういう、うっかりするところが だめなんだろうなぁ orz)

GD特攻01

 集まったのは、70台PTが らりさん(アサ)、春さん(プリ)、
 90台PTが 朝凪さん(アサ)、すみさん(スパノビ)、おとーさん(ランカーテコン)、りおるさん(モンク)、私(プリ)の、総勢7名でした。
 人気狩り場なだけあって、沸きは上々。
 それでも危うくなることなく、ぐんぐん進軍。
 むしろ前衛さんがたが おかわりてんこもり持ってきて下さるくらい。
 ぎょっとしつつも、被ダメが軽かったり、すいすい避けてたりするからすごい。

GD特攻02

 魔剣だって袋叩きです。
 ドラキュラ伯爵は、気配はあったのだけれど 姿を見ることは叶わず……
 さすがGDの人気者。
 3Fにもちょろっと行きましたが、結局2Fに戻って狩り続行。
 戻ってみると、青箱がふたつも出ていたようです。

GD特攻03

 中身は ワンド(……だったかなぁ)と 枝。
 いいんです、箱は開けることに意義があるのです。

 かれこれ1時間くらい狩ったのかな??
 次はレベルの合う子で参加したい……と言いたいところだけれど、
 ……これは本気で転生して レベル上げを頑張らなきゃだなぁ
(私の本気なんてたかが知れている、なんて言っちゃダメです…… orz)
 とはいえ、12日(金)はおとーさんのRO結婚式、13日(土)G狩り。
 ここまで来ると、発光からちょうど一ヶ月経つ14日(日)まで待ってもいいような気がします。
 ――我ながら、いい加減にしようぜと思わないでもないです…… 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
ハル 「あれ、ゆら 帰ったの?
    おかえ……」

ゆら 「……ハル……(かたかたかたかたかた)」

ハル 「∑ どしたの、顔真っ青!

ゆら 「わたし いま、こわいものなんて なにもない……」

狭間ランデブー01

ハル 「……どこ??」

ゆら 「はざま3……」

ハル 「モロクの現身狩りか!!

ゆら 「るきさんのAXさんが所属してる、WankstaGさんにお誘い戴いて、
    ヒールしに行ってきたのだけれど……
    うん、怖かった…!
    距離を空けてるつもりでも 一撃で転んでしまうし、
    なぜかスキルが使えなくなっちゃうし、
    SPはどんどんなくなるし……
    アビスや騎士団とはまた別の怖さがあったよ……(かたかたかた)」

ハル 「はー、でもちゃんと狩りとして成立していたのでしょう?
    すごいわねぇ」

ゆら 「だねぇ
    前衛さんの教授さんが耐えて、拳聖さんが火力、
    後方でブラギ展開しつつ ニュマ張って、QMしてもらって、
    ひたすらヒールして――っていう形だったのかな??
    役に立てたかは ともかく、貴重な体験だったよ~」

ハル 「∑ いや、役には立ちなさいね、せっかく声掛けていただいたいたのだから!
    ……しかしまぁ、
    ほんっとに堪能してるのねぇ、オーラ生活」

ゆら 「ふふー、おかげさまで~

ハル 「でも そろそろ転生してもいいころじゃないの??
    一番楽しみにしてたアサシン祭りも、念願通りプリのままで参加できたのだし」

ゆら 「う……いや まぁ……そうなんだけど……
    ほ、ほら、まだまだ 古城とか アビスとかも行きたいし、
    突発的に遠足気分でPTでお出掛けしたいし、
    今回みたいに、お誘いいただけるかもしれないし、
    それに……」

ハル 「それに?」

ゆら 「………」

一番の理由

ハル 「ずーっと転生しないつもりか あんたはっ!!
    ったく……せっかく 服染色も実装されたっていうのに……
    ハイプリさんの青い衣装 かわいいな・って言ってたじゃない」

ゆら 「へ? 実装されたの??」

ハル 「されたわよ。今日のアップデートで」

服染色

ゆら 「……!!
    ど、どうしよう、ジュノーに行くべきかしら!
    行くべきかしら!!」

ハル 「服染色のために転生する気じゃないわよね? ね?





(ちなみに おみやげはこちら)

狭間ランデブー02

(るきさん、ゆうさん、つあさん、ゆきちさん、竜さん、もみじおろしさん、
 ありがとさまでしたと、お世話になりましたー!
 とても勉強になりましたっ!)


(服染色は密やかに楽しみにしてたので、早々の実装で小躍りしていたり
 しかし、服染色したあとに転生したり転職したりすると どうなるんだろう?
 デフォルトに戻っちゃうのかな??)

服染色02

(白いプリさんも発見!) 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2009.06.08/ 21:48(Mon)
キッカ 「あれれ?
     こよいちゃんのPT名が、いつもと違う……??」

こよい 「うん、りるさんのアサさんと、るきさんのAXさんに、
     モスコビア3層に連れてってもらったの」

お勉強inモスコ01

お勉強inモスコ02

お勉強inモスコ03

こよい 「草刈りとか 草刈りとか 狩りとかしてきたよ。
     あ、このハーブは おみやげ」

キッカ 「あああありがとう??
     その様子だと、ずいぶん楽しんできたみたいだねぇ」

こよい 「うん、楽しかった!
     アサ・アサ・ダンサ トリオは初めてだったから とても新鮮だったし、
     何より 行きたくても行けない狩り場だからなおさら。
     それに、勉強にもなったなぁ」

キッカ 「というと??」

こよい 「前衛さんがタゲを取ったのを確認してから矢を撃たなきゃいけない、とか、
     草刈り用にSCに鞭と弓を入れておくべきだった、とか。
     あとは HP回復の方法が、ヒールだけじゃない・ってことも知ったよ」

キッカ 「……どゆこと??」

こよい 「えとね、おふたりが使っていたのが、
     太陽剣と ハンターフライc挿しの武器だったり、
     ラギッドゾンビc+ゾンビスローターcセットだったりしたの。
     太陽剣は「攻撃時、毎回与えたダメージの1%をHPに吸収」
     ハンターフライcは「一定確率(3%)で敵に与えたダメージの15%をHPで吸収」
     ラギッドc+スローターcは「近接物理攻撃で人間形モンスターを倒した時、SP2回復」するから……」

キッカ 「あ、回復剤要らずなんだ!」

こよい 「うん。びっくりしちゃった。
     私たち姉妹はみんな、多少のINTは振ってるから、
     ヒールクリップを使ったり、
     SPがかつかつになったら座って回復を待っちゃうけど、
     こういう手段もあるんだね」

キッカ 「そうだねぇ。
     ……ああ、なんだかわくわくしてきたな。
     ちょっと調べてみようか!」


スカイデリーターc(鎧)
 HPが自動回復しない。近接物理攻撃でモンスターを倒した時、HP100回復。

セシル=ディモン(MVP)c (武器)
 HP回復力-100%。
 物理攻撃時、5%の確率で敵に与えたダメージの20%をHPとして吸収する。

ハンターフライc(武器)
 一定確率(3%)で敵に与えたダメージの15%をHPで吸収する。

イグニゼム=セニア(MVP)c(靴)
 MaxHP・MaxSP+10%。10秒毎にHP50・SP10回復 。

ゾンビスローターc(靴)
 近接物理攻撃でモンスターを倒した時、HP 50 回復。
 ラギッドゾンビカードと共に装備時、
 近接物理攻撃で人間形モンスターを倒した時、SP 2 回復。

グラウンドデリーターc(鎧)
 近接物理攻撃でモンスターを倒した時、SP10回復。

ギグc(武器)
 近接物理攻撃で昆虫形モンスターを倒した時、SP5回復。

キャタピラーc(武器)
 近接物理攻撃で植物形モンスターを倒した時、SP5回復。

三葉蟲c(武器)
  近接物理攻撃で無形モンスターを倒した時、SP5回復。

ゾンビマスターc(武器)
  近接物理攻撃で不死形モンスターを倒した時、SP5回復。

ディアボリックc(武器)
 近接物理攻撃で悪魔形モンスターを倒した時、SP5回復。

ドラキュラc(武器)
 一定確率で敵に与えたダメージの5%をSPに吸収する。

ドリラーc(武器)
 近接物理攻撃で竜族モンスターを倒した時、SP5回復。

ネレイドc(武器)
 近接物理攻撃で動物形モンスターを倒した時、SP5回復。

ビートルc(武器)
 近接物理攻撃で魚類形モンスターを倒した時、SP5回復。

フェイクエンジェルc(武器)
 近接物理攻撃で天使形モンスターを倒した時、SP5回復。

フェンダークc(武器)
 近接物理攻撃で人間形モンスターを倒した時、SP5回復。


こよい 「……(めそ)」 ←遠距離攻撃手

キッカ 「な、泣かない 泣かないっ!
     今のところ、回復手段に困ってるわけではないのだから、ねっ??
     あああほら、こよいちゃんが持って帰ってくれたハーブでポーション作ってあげるからっ





(セット効果まで見ると、まだまだ種類があるようではありましたが、
 そこまで揃えるほどの気力もないのです……) 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
ゆら  「眼鏡がね……壊れちゃったのよ」

キッカ 「……はい??」

ゆら  「ツルの部分がえらく外側まで曲がるなぁ、
     ネジでもゆるんだかなぁ、と思って、眼鏡屋さんに行ったのよ。
     そしたら「ああ、これは亀裂が入ってますねぇ」と言われてしまって」

キッカ 「……へ、へぇ??」

ゆら  「直すとなると2~3週間かかるというから、新しいフレームを買ったのよ。
     そしたらレンズの調整で30~40分かかってしまって。
     家に戻ると ごはんとお風呂の時間が多いに遅れてしまって。
     ――そんなわけでまた大遅刻ですよアサシン祭りっ!!(T□T 」

キッカ 「∑ えらく長い前振りだったね!
     しかも言い訳かいっ!」

ゆら  「ここしばらく遅刻しっぱなしで申し訳なさすぎるんだよ!!
     特に今回は……」

0906アサ祭り01

ゆら  「参加者の ファラさんが発光予定だったから なおさら……っ」

キッカ 「わ、おめでとーぅ!」

ゆら  「いつもはギルドメンバーと発光式をなさるそうなのだけど、
     お祭りで発光できるように・って調整して下さったらしくって。
     どうしても 間に合いたかったのだけど……うぅ……」

キッカ 「ああ、はいはい、分かったから
     ところで、今回の行先はジュビロスだったんだね」

0906アサ祭り02

ゆら  「うん、そうそう。
     2層に行くのに、3種類の紋章を集めて、
     制限時間内に 各制御装置を壊さないといけないのだけど、
     1度目は間に合わなくってねぇ
     やむなく 集め直し・壊し直したのだけど、この過程も楽しかったな。
     みんなでわいわいできるのは いいねぇ、ほんとに

キッカ 「お祭りの醍醐味だねぇ。
     そういう意味では ジュピロスはいいとこだね」

ゆら  「難点は、リログしたら セーブポイントに戻されちゃうことかな
     そのために 数名が途中でプロ戻りに……」

キッカ 「……帰ってこようにも、ソロで紋章集め・制御装置破壊は難しいね

ゆら  「うん……
     やむなく そのまま前進してしまったのだけど、
     次回こそは最後まで、みんなでご一緒して SS撮りたいなぁ」

キッカ 「そうだね。
     ――ところで。
     前に、「実はアサ祭りの開催回数を間違えているかもしれない」って言ってなかった??」

ゆら  「うっ…!
     う、うん、実は……
     過去ログを見てみると、第1回アサシン祭り 2008/03となっているのだけれど、
     実は 2008/02 にも開催されていることが判明、
     ひょっとしたら それ以前にも開催されているかも……」

キッカ 「ど、どうするの それ

ゆら  「……どうしよう(涙目)」


0906アサ祭り03

 アサシン祭り、次回開催は 2009/7/4(土)です。
 sesでは21時よりプロ南に集合開始。
 アサ好きーな皆様の参加をお待ちしています~





(余談。
 所長さんの独白は、けっこう好きかもしれない。なかなか深くて。
 支援用会話窓だから ログ流れが半端ないけれど

0906アサ祭り04

(所長さんにはお会いできませんでした orz)


(余談2。
 アサシン祭り後援会ができた模様)

0906アサ祭り05
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2009.06.07/ 10:41(Sun)
ゆら 「たーだいまー!」

ハル 「はい おかえり。
    何かいいことでもあった?」

ゆら 「うん、朝凪さん(アサ)が 狩り行ってくる・って仰ったから、
    ひょいと便乗してきた!
    居合わせた おとーさん(ランカーテコン)も一緒に、ニブルに行ってきたよ!」

ニブル遠足01

ハル 「なんだか久々ねぇ」

ゆら 「そだねぇ。
    沸きもいいとこだし、無理そうなら聖域行ってみようか?って話してたのだけど、
    なんの なんの。
    お二人とも 火力は充分だし、さくさく避けるしで、楽しく狩れたよ。
    途中からは りるさん(モンク)も参戦!」

ニブル遠足02

ハル 「∑ 人狩り(マンハント)……っ」

ニブル遠足03

ゆら 「さらに 春さん(プリ)、りおるさん(モンク)も来て下さって、
    総勢6名の大所帯に!
    さながら ギルドの小遠足みたいだったよ
    楽しかったな、また行きたいな」

ハル 「そうねぇ。
    すっかり足が遠のいちゃってるけど、いいとこだものね、
    BGMも 景色も。
    今回もあちこちSS撮ってきたみたいね?」

ゆら 「うん!」

ニブル遠足04

ニブル遠足05





(ニブルはいいとこ、一度はおいで!) 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
ゆらの「すべては珠から始まった。」のまねしてかいてみるね

ゆら「でもうまいとこ記事がまとまらないから、何かネタちょうだい、!」しかも他力本願っ!こんな具合に!)(G・らりさんだ!こんな具合に!)(G・WankstaGでアトロス特攻)(きっと珠が最強。
ちまちま話しかけると言っても呟くけれど!)(すみさん不死属性疑惑[この後リザでとどめ「でもうまいとこ記事がまとまらないから、何かネタちょうだい、!」しかも他力本願っ!

*このエントリは、ブログペットの「珠(たま)」が書きました。 
Category: 珠(たま)
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2009.06.03/ 20:07(Wed)
動力源は珠01

ゆら  「うん 頑張るよー!」

キッカ 「ブログ更新の動力源は珠(たま)の一声なんだ!?」

ゆら  「でも うまいとこ記事がまとまらないから、
     何かネタちょうだい、キッカ!」

キッカ 「∑ しかも他力本願っ!?
     ていうか、ネタと言っても……」

動力源は珠02
(ヘルモーズキャップ記念・らりさんとHAEEEE祭り)


動力源は珠03
(るきさんと古城ペア)


動力源は珠04
(煌羽G・WankstaGでアトロス特攻)


動力源は珠05
(すみさん不死属性疑惑[この後リザでとどめ])


キッカ 「――こんな具合で、
     ゆら姉ばかり お出掛けしたり おしゃべりしたりしてるから、
     私はもっぱら露店ばかり、
     ハルと こよいちゃんも お留守番ばかりだよ」

ゆら  「∑ なんて引きこもり姉妹!!」

キッカ 「ゆら姉がそれを言う!?
     ネタが欲しいなら、それこそゆら姉、そろそろ転生しちゃえばいいのに。
     お出掛け、増えるよ??」

ゆら  「∑ ネタのためにROしてるわけではないんだよ、
     ROが楽しくてブログに書きとめているんだよ!

キッカ 「それは知ってるけど……
     でも発光してから、もう半月近く経ってるよ?」

ゆら  「う。いや、その……
     なんだか もったいないというか、名残り惜しいというか……(ごにょごにょ)」

キッカ  「ゆら姉も 私に負けないくらい優柔不断だよね
      目途も立ってないの??」

ゆら  「んー……
     今週いっぱいは このままで居たいなぁ。
     でもでも、そこはほら、古代からの名格言の通り、」

キッカ 「『予定は未定』??」

ゆら  「そうそれ!」

キッカ 「ゆら姉がお出掛けしないなら、
     私だってお出掛けしたいよーぅ……」





(きっと珠が最強。
 ちまちま話しかけると、ほんとに かわいいんだ!
 こんな具合に!)

動力源は珠06 動力源は珠07
ハル 「何言った!? 珠に何言った!?
ゆら 「私も大好きだよ ぎゅー!!」


動力源は珠08
たまに怖いことも呟くけれど!
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Copyright © 2009 世界の片隅でうたた寝を。, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。