RO、Sesサーバーの片隅でうとうと見る夢は、きっと綿菓子色の。
http://yuurayura.blog44.fc2.com/
admin
 

お知らせ

■禁止ワードに “http://” “@”が
 設定されています。
 悪しからず、ご了承下さいませ。
■生存確認は →こちら
調印さまへの挑戦状(仮) 【終了】
 2010/03/23~2011/11/04
 顛末は →こちら
■もひとつ出るかなチャレンジ景品発送メモ
 すみさん らりさん オーフィン
 シホさん あおさん お嬢さん るきさん

プロフィール

ゆら

Author:ゆら
揺
(蒼さんが描いて下さいました!
 ありがとうございますー!)
(クリックで元画像にひとっとび

【揺(ゆら)】
楽しいこと大好き、支援Hiプリースト。旦那さんはペコって本当ですか??

【..ハルシオン..】
魔法が使いこなせないwiz。生き甲斐は卵割り。

【眠り猫 キッカ】
お買い物が大好きな製薬ケミ。愛ホムの名前は「つくね(月音)」。

【- 小宵 -】
人見知りっ子なダンサー。奮闘しては転ぶのを繰り返す、不器用な子。

【メランコリック*】
盗作SGで卵割りを夢見るローグ。通称は「ミヅ姐」。苦労性。

【花珠(かず)】
支援もできる、高速殴りASを目指すプリースト。果てしなくマイペース。

詳細は こちら
生存確認は こちら

e_04.gif

応援しています

アサ祭り 奇数月は 第一土曜日、
偶数月は 第一金曜日、
21時からプロ南にて集合開始。
アサさんはもちろん、
アサさんが大好きな方なら誰でも大歓迎!
次回開催:2011/12/02(金)
過去ログは →こちら

【アサシン祭りカレンダー】
2011年
 12月 2011/12/02(金)
2012年
 1月 2012/01/(未定)(土)
 2月 2012/02/03(金)
 3月 2012/02/03(土)
 4月 2012/04/06(金)
 5月 2012/05/05(土)
 6月 2012/06/01(金)
 7月 2012/07/06(金)
 8月 2012/08/04(土)
 9月 2012/09/07(金)
 10月 2012/10/06(土)
 11月 2012/11/02(金)
 12月 2012/12/01(土)

著作物利用ガイドライン

このページ内における 「ラグナロクオンライン」から転載された 全てのコンテンツの著作権につきましては、 運営元である ガンホー・オンライン・エンターテイメント 株式会社と開発元である株式会社Gravity 並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に 帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin (studio DTDS) All rights reserved.
© 2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載している コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、 禁止しています。
当ページは、「ラグナロクオンライン」 公式サイト http://www.ragnarokonline.jp/ (または、ガンホーゲームズ  http://www.gungho.jp/)の画像 (またはテキスト)を利用しております。

ブログ内検索

何かありましたらこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
ミヅ  「……?
     見覚えのない盾があるけど…何? これ」

アナデマ

フレイムスカルカード
 スタン、呪い、暗黒、石化に
 対する耐性 30% 増加。
 ―――――――――――――
 物理攻撃を受けた時、
 敵に一定確率でスタン、
 呪い、暗黒、石化のどれかをかける。』

キッカ 「あ、それ私ー」

ミヅ  「また妙なもの作ったね…

キッカ 「ふふふー、 とあるブロガーさんの記事 を読んで、面白そう! と思って。
     ちょうど値下がり始めてたし、モスコビアに持ってみたかったの~
     『殴ってもいいけど、どうなっても知らないヨ?』的装備として!」

ミヅ  「∑ 被弾前提!?」

キッカ 「防御ステはLUKだけだもの。
     完全回避を極めようにも、ヨヨクリップには手が出ないし。
     そんなわけで実用半分、ネタ半分に作ってみたのだけど、
     ミヅ姐、使ってみる??」

ミヅ  「ええ?
     まぁ いいけど……」

アマデマ検証1

キッカ 「∑ なんで避けるの ミヅ姐!」

ミヅ  「避けるよ、AGI職だもの
     まぁ、何度か被弾して、効果は出たには出たよ」

検証2

キッカ 「おおう、石化した!」

ミヅ  「試しに、こっちにも行ってみた」

検証3

キッカ 「∑ 怖っ!!」

ミヅ  「Freeが足りてない分、オーク村のが 効果は出やすかったかな。
     でもやっぱり被弾前提だし、もるひさんの記事にあるみたく、
     囲まれて、そして耐えられてこそ意味のある装備じゃないかな、これ」

キッカ 「ふむ……そしたら、ゆら姉に装備してみてもらおっか。
     ちょうどギルド狩りがあるって言ってたしね!」

ミヅ  「ギルド狩りで検証させる気!?

検証4

ミヅ  「なるほど、被弾前提狩り場だね……
     分かりにくいけど、ちゃんと効果出てるみたいだね」

キッカ 「Mobにも呪いスキルがあるし、画面が赤いから 判別しにくいけど、
     けっこう 「ぴゃー」って呪われ効果音が出てたみたいだよ。
     ただ このとき、ゆら姉もいっぱいいっぱいだったから、
     効果がどのくらい発生するかは分からなかったって。
     次はノーグ1層でWizさんペアのときに使ってもらおうね!
     カプラの猫耳ヘアバンドと併用したら、きっと楽しいよ!」
     (※物理攻撃を受けた時、一定確率で自分が様々な状態異常になる)

ミヅ  「『アナタもワタシも仲良く状態異常♪』ですか…ペア相手が哀れすぎる……
     てか、あんた用に準備したんじゃないの、その盾」

キッカ 「あ」


----- ----- -----


(今さらながら、モロクパッチの新cが楽しい!
 現在は ゆら用に、アイスタイタンcが値下がりきるの待ってます。
 ソヒー靴を使っているけれど、大人数PTでない限り、SPが切れることはまずないので。
 どっちにしろネタには変わらないですけれど!)

(オートスペル系も充実し始めて うきうきわくわく。
 カーサc、も少し値下がらないかな!)


(ところで、ミヅ姐は いつになったら「メランコリック*」と名乗るのだろう……) 

>>>Read more

スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2008.09.24/ 00:39(Wed)
(レベルアップ直後、ということで、ゆらのやる気が ふっ と抜けちゃったらしく。
 間隙を縫って、姉妹が遊んできたようですヨ)


■キッカ
ペコとつくねとモスコビア1

キッカ 「念願の!
     モスコビアペアをしてきましたー!」

ハル  「あら、おめでとう。
     楽しみにしてたものねぇ」

キッカ 「うん!
     白状すると、ペア直前に 私のレベルが上がっちゃって、
     ぎりぎり公平できなかったのだけど!」

ハル  「∑ 何やってんの!!

キッカ 「魔法使いペコさん、ごめんなさいー
     でもね、公平はできなかったけど楽しかった!
     これなら公平にこだわらず、もっと早く来ればよかったな

ハル  「ほー。
     お相手はINTクルセさんだっけ」

キッカ 「うん、オートスペルが おもしろかったよ~
     私もお蔵入りしてたバニル帽、持ってけばよかったな。
     火力には乏しいけど、もっと楽しくなりそうw」

ハル  「オートスペルで遊びたいなら、火宝剣も持って行きたいね。
     オーフィン(リアル弟wiz)のケミっ子が 持ってなかったっけ?
     今度借りてみたら?」

キッカ 「いいね、それ 交渉してみようw
     狩りの話に戻るけれど、
     うん、まったりのんびり、ピクニックのような時間でした。
     景色もいいし、お弁当を持ってきたいところ!」

ペコとつくねとモスコビア2

ハル  「わ、きれい!
     ほんとに シート広げてお弁当が食べたくなるわねぇ」

キッカ 「でしょうー
     またじっくり巡ってみたいなw
     今から楽しみ!」


■ハル
5枚目

こよい 「……まぁ、ハル姉さんと言ったらこれだよね」

ハル  「まぁねー
     卵割りのために、マンドラゴラ焼いて フローラ焼いて ジオ焼いて、
     アルギオペ焼いて 土精焼いて アラーム焼いてきたわけだから」

こよい 「でも、wizになろうと思ったからこそ龍之城に行ったわけで、
     そこでゆら姉さんの旦那さんと出会ったのだから、
     縁って不思議なものだねぇ」

ハル  「ああ、そういえばそうねぇ……
     卵割も捨てたもんじゃないわね!」

こよい 「――微妙に噛み合ってない気がするけど、まぁいいや。
     それにしても、久々だよね、卵割」

ハル  「このところ、ゆらが頑張ってたからねぇ。
     しばらくキッカも、空き瓶を使う製薬をしなかったし。
     でも ゆらの小休止でキッカが一念発起したらしくてね、
     たまりにたまってた食人植物使って プラントボトル作ったのよ、
     約650個分」

こよい 「ろっぴゃく…って、1300個もためてたの……」

ハル  「おかげで卵割の口実ができたわけだけどねー
     でも、モロクパッチで蟻地獄の入り口が物騒なところに移動しちゃって……」

蟻地獄のニューフェイス

こよい 「……アクセスだけなら、モロク→と ずいぶん楽になったのだけどね」

ハル  「うん……」


■メランコリック
メランコリック

キッカ 「∑ だれ!?」

ミヅ  「ああ、それ あたし」

キッカ 「∑ えええ!?
     名前、『メランコリック*』ってあるよ!?」

ミヅ  「うん、育て直そうと思って、ついでに名前も変えたんだ。
     ほんとは ゆらの育成がひと段落してからにするつもりだったんだけど、
     かなり先の話になりそうだし、
     アカデミークエも ちゃんとやってみたかったし、えい、って」

キッカ 「じゃあ ずいぶん前にキャラデリしてたの?」

ミヅ  「8月の半ばくらいだったかなぁ。
     つい報告しそびれた。……ゴメン」

キッカ 「別にいいけど…しかし ハルの名前もそうだけど、
     ミヅ姐の名前も、なんといえばいいか、その……
     (『ハルシオン』は睡眠薬の名前、『メランコリック』は「憂鬱」の意)」

ミヅ  「やー、悩んだんだけど、耳触りのよさが捨てきれなくって。
     突っ込まれたら、その時は その時」

キッカ 「ふ、ふーん
     ちなみに、これはどこのss?」

ミヅ  「ゲフェン←↓→の カタシムリマップだね。
     カタシムリの皮がコンバーターの材料になるって聞いて、狩ってきたんだ。
     さくさく狩れて、楽しかったよ」

キッカ 「それまではどこにいたの?」

ミヅ  「初心者用ポーションをてんこもり持って オーク村。
     ……やっぱりちょっと早すぎたかな、って 反省してる」

キッカ 「そ、そか
     狩れるようになったらおいしいのだけどね。
     青ハーブも狩れるし」

ミヅ  「まぁねぇ。
     ま、そのうちね」


■こよい
特化弓

ミヅ  「……ええと。
     欲しいの??

こよい 「ううん、面白いの売ってるなー、と思っただけ。
     今まで素通りしてたけど、特化武器っておもしろいね。
     こんなのがあるの、初めて知ったよ。
     人特化とか、大型・中型特化とか、闇特化とか、風特化とか。
     ウィンドウショッピングも、勉強になるね」

ミヅ  「そ、そうだね…いつか買ってもらえるといいね
     ちなみに 狩りはどんな感じ??」

こよい 「もっぱらイズ4層。
     海底神殿まで行きたいとこだけど、さすがに……
     でもね、近頃 海底神殿に通ってるってことで、水特化を買ってもらえて。
     これを持って 氷の洞窟にも行ってみたいな」

ミヅ  「∑ あそこはきつくない!?」

こよい 「うん、だから1F」

ミヅ  「あ、ああ……


----- ----- -----


(小休止中、といいながらも、
 ゆらも ちょこまかと動いてはいるのですが。
 ノーグとか ゲフェニアとか アビスとか)

(……あれ、結構動いてる?? 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2008.09.19/ 20:41(Fri)
ゆら 「たーだいまー」

ハル 「おかえり、どこ行ってたの?」

ゆら 「旦那さんの新しい子、INTクルセさんとお出かけしてきた~
    氷1Fと、龍之城!」

ハル 「ほー、なごめるとこ行ったんだねぇ」

ゆら 「うん、のんびりしてきた!
    いい羽伸ばしになったよ。
    お付き合いしてもらったクルセさんに感謝感謝

LA×2

ハル 「……なんでLAがふたつ?」

ゆら 「オートスペルだよ、梟セットの。
    初めて見たけど、面白いね~
    イムポも発動してたよ!」

ハル 「ああ! 梟かぁ。
    なるほど、高価なわけだ。
    しかし、自分の職以外のスキルを使ってるのを見るのはおもしろねぇ」

ゆら 「でしょー
    INTクルセさんがモスコビアに行けるようになったら、
    キッカと一緒に行こうか、って話もあってね、
    今から楽しみ

ハル 「へぇ、それはいいね。
    でも…モスコビア行けるようになるのってLv.80だよね?
    あっという間に追い抜かれるんじゃない? キッカ」

ゆら 「∑ そこまでは考えてなかった! 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2008.09.18/ 20:36(Thu)
96th天使さま

ゆら  「は、存外にきれいに撮れました!
     アカデミーでたくさん練習した甲斐があった!」

キッカ 「アカデミー?」

ゆら  「いえいえ、こちらの話。
     そんなわけで、やっと折り返し地点です!」

キッカ 「おめでとーぅ!
     近頃更新が途絶えてたのは、レベリングを頑張ってたから??」

ゆら  「ううん、頑張ろうとして気が急いたら立て続けに転んで、
     落ち込んだり 挽回したりしてた!
     ネタはあったのだけどねー
     新モロククエとか、60台wizさんとノーグスパルタ行とか」

キッカ 「Σ えええ!」

ゆら  「新モロククエはキッカもしたんだよね?」

キッカ 「あ、うん。今の内に、って思って。
     ゆら姉のときは入り口付近で討伐完了待ちでどうにかなったらしいけど、
     私のときはカオスでねー…
     飛ぶ先々で 転んだ人を見たり、
     現身に追っかけられたりしたよ……」

ゆら  「お、お疲れ、さま??

キッカ 「でもね、倒される寸前のモロク討伐を見ることができたよ!
     あれは僥倖だった!」

ゆら  「わ、それはタイミングが良かったねぇ」

キッカ 「ふふふー
     さて、ゆら姉だけど。
     今日からまた頑張るの??」

ゆら  「や、ちょっとの間はまったりするよ
     少し休んだら、またいろんなとこ行きたいな!」

キッカ 「おー、頑張れ~
     オーフィン(リアル弟wiz)も97になったし、負けてられないもんね!」

ゆら  「……え??
     ちょ、ま、……えええ!?」


----- ----- -----


(つい先日まで同じペースで 同じレベルだったのに…!)

(たくさん転んだおかげで、
 挽回するためいろんな人と いろんなとこに回れたのは楽しかった
 世界は広いね!)

(そしていろいろお勉強してきました)
ニューマ
 ニューマの存在を思い出したり、

緑ポ使用不可
 体験学習してみたり、

LA+斧+DA
 斧アサさんの与ダメに驚愕したり。 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
ハル 「――ねぇ ゆら、
    そこに寝っ転がられると通行の邪魔なんだけど」

ゆら 「寝っ転……
    倒れてる、って考えには及んでくれないの、ハル……」

ハル 「倒れ込むほど疲れるようなことをする甲斐性が、あんたにあるならね」

ゆら 「姉妹のことをよく理解してくれてて 嬉しいヨ……

0809アサ祭り1


ハル 「あー、アサ祭り。
    今回も大勢集まったんだね。
    行き先はどこだったの?」

ゆら 「『逝ってみましょージュピロスツアー』!
    最初は人が少なかったから、
    クエストアイテム分け合ってモスコビア行ってみようか、って話も出てたのだけど。
    集まり集まって20人近くになったから、文字通り 逝ってみよう!ってことになって」

ハル 「へぇ。
    無事 逝けた??」

ゆら 「ふ、ご覧の通り!」

0809アサ祭り2

ハル 「……おー。
    見事 見事」

ゆら 「うん、最初はMOBが重なってて、
    なんでこれっぽっちの数にやられちゃうんだろう って思ったんだけど。
    やー、さすがジュピロスだねっ!」

ハル 「だね……
    で、二次会へ?」

ゆら 「ううん、いったんプロに戻ったら、そこで参加者が増えて。
    リベンジ・ジュピロス!
    金剛で壁になってくれたチャンプのおにーさん、
    夢のアドレナリンラッシュをしてくれたWSのおにーさん、
    憧れのハイプリのおねーさまおふたりと、
    たくさんの方がご協力くださいました。
    勢いに乗った一行は最下層まで行きつきましたよ やっほぅ!」

ハル 「なんだか回を重ねるごとにカオスティックに……」

ゆら 「いやいや、むしろ回を重ねるごとに楽しくなってくよ。
    支援は正直しんどいけど、
    (せめて移動前の支援はさせてほしいんだ…ほろり)、
    祭りが終わった時には全部報われる。
    楽しかった!って思えるもの。
    記念のSSをとるのも、
    お礼に、って解毒をもらえるのも、
    SP回復剤を差し入れていただけるのも、
    解散時に「またね」って言い合えるのも。
    祭りとはぜんぜん関係のないとこですれ違ったときに、
    エモのやり取りしたり、おはなしできるのも嬉しいね」

ハル 「ふぅん。
    ……そういや なんだかんだ言って、
    第一回目からずっと参加してるんだよね、ゆら。
    初回が3月にあったから、……7回目?」

ゆら 「∑ うおう、もうそんなになるんだ!?
    記念すべき10回目もあっという間だね!」

ハル 「そうねぇ。
    GH最下層も行った、タナトスも行った、ゲフェニアも行った、
    崑崙も行った、ニブルも行った、アビスも行った、亀島も行った――
    次はトール火山あたりかしらね??」

ゆら 「勘弁して下さいお願いします」

ハル 「じゃあ時期的に、次元の狭間??」

ゆら 「あ、それもいいかも」

ハル 「∑ いいんだっ!?」


----- ----- -----


(とりあえず、次回は青石よりも青ポを持ってこうと反省。
 青石80個とか…何度人を転がすつもりだったのかしら 私)
(転がさないのが一番なんですけどね!
 二度も三度も転がしちゃったアサさん、ごめんなさい!><) 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2008 世界の片隅でうたた寝を。, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。