RO、Sesサーバーの片隅でうとうと見る夢は、きっと綿菓子色の。
http://yuurayura.blog44.fc2.com/
admin
 

お知らせ

■禁止ワードに “http://” “@”が
 設定されています。
 悪しからず、ご了承下さいませ。
■生存確認は →こちら
調印さまへの挑戦状(仮) 【終了】
 2010/03/23~2011/11/04
 顛末は →こちら
■もひとつ出るかなチャレンジ景品発送メモ
 すみさん らりさん オーフィン
 シホさん あおさん お嬢さん るきさん

プロフィール

ゆら

Author:ゆら
揺
(蒼さんが描いて下さいました!
 ありがとうございますー!)
(クリックで元画像にひとっとび

【揺(ゆら)】
楽しいこと大好き、支援Hiプリースト。旦那さんはペコって本当ですか??

【..ハルシオン..】
魔法が使いこなせないwiz。生き甲斐は卵割り。

【眠り猫 キッカ】
お買い物が大好きな製薬ケミ。愛ホムの名前は「つくね(月音)」。

【- 小宵 -】
人見知りっ子なダンサー。奮闘しては転ぶのを繰り返す、不器用な子。

【メランコリック*】
盗作SGで卵割りを夢見るローグ。通称は「ミヅ姐」。苦労性。

【花珠(かず)】
支援もできる、高速殴りASを目指すプリースト。果てしなくマイペース。

詳細は こちら
生存確認は こちら

e_04.gif

応援しています

アサ祭り 奇数月は 第一土曜日、
偶数月は 第一金曜日、
21時からプロ南にて集合開始。
アサさんはもちろん、
アサさんが大好きな方なら誰でも大歓迎!
次回開催:2011/12/02(金)
過去ログは →こちら

【アサシン祭りカレンダー】
2011年
 12月 2011/12/02(金)
2012年
 1月 2012/01/(未定)(土)
 2月 2012/02/03(金)
 3月 2012/02/03(土)
 4月 2012/04/06(金)
 5月 2012/05/05(土)
 6月 2012/06/01(金)
 7月 2012/07/06(金)
 8月 2012/08/04(土)
 9月 2012/09/07(金)
 10月 2012/10/06(土)
 11月 2012/11/02(金)
 12月 2012/12/01(土)

著作物利用ガイドライン

このページ内における 「ラグナロクオンライン」から転載された 全てのコンテンツの著作権につきましては、 運営元である ガンホー・オンライン・エンターテイメント 株式会社と開発元である株式会社Gravity 並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に 帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin (studio DTDS) All rights reserved.
© 2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載している コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、 禁止しています。
当ページは、「ラグナロクオンライン」 公式サイト http://www.ragnarokonline.jp/ (または、ガンホーゲームズ  http://www.gungho.jp/)の画像 (またはテキスト)を利用しております。

ブログ内検索

何かありましたらこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
素手祭りinコモド北1

素手祭りinコモド北2

素手祭りinコモド北3

ハル 「……これは、何事?

ゆら 「素手でフルボッコ祭り in コモド北、
    byギルド企画ー!(>ヮ<)
    見て下さい、この滝のような与ダメ!」

ハル 「え、素手?

ゆら 「うん、素手。
    モンクさんはもちろん、
    カタールアサシンさんも、AGIクルセさんも、VIT剣士さんも、
    INT-DEX 2極WIZさんも、支援プリさんも、
    みーんな 素手!
    私もぺちぺち殴ってきたよ!」

ハル 「そ、それは大変愉快な企画だね…?」

ゆら 「うん、楽しかったー
    後半戦は西コモドまで行ったのだけど、
    さすがに武器解禁。
    突発的な提案だったものだから、
    みなさんろくに装備を整えられなかったみたいだけど、
    それはそれ。
    大人数PTだったから、かえってちょっと危なっかしいくらいで
    ちょうどよかったんじゃないかな」

ハル 「ふぅん。
    でも大人数PTの支援って、あんた苦手じゃなかったっけ?」

ゆら 「いや、それがね!
    以外と楽しかったんだ これが!
    初めのうちは『狙いが定まらない~』って半泣きだったのだけど、
    以前に挑戦してみて諦めた 窓支援をしてみたの。
    そしたらこれがうまい具合にいって!」

ハル 「ああ、画面が広くなったから?」

ゆら 「多分ね。
    会話ウィンドウをちっちゃくしてはしっこに寄せても、
    全然邪魔でなかったよ。
    ただ窓支援だと、PTウィンドウと支援相手を見比べつつだから、
    チャットを楽しめないのが難点
    今回も自分に話が振られてるのに気付かなかったし……」

ハル 「まぁ、よい経験だったじゃない。
    PT狩りはこれからもあるだろうし、
    うまく使っていけるといいね」

ゆら 「ん ^^
    あ、それと、これはおまけー。
    ギルド遠足のあとに、騎士団に行ったら
    久々に会えました!」

魔剣さん、おひさです

ゆら 「最近の騎士団のみなさんは お財布の口が堅いらしく……
    何も落としてくれませんでしたが

ハル 「ま、まぁ会えただけでも

ゆら 「そだねー 
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
キッカ 「あれ、ハルとミヅ姐へのインタビューは誰がするの??」

ハル 「まぁ、おいおい分かるよ」



----- ----- -----



【プロフィール】
 眠り猫 キッカ  Lv.79  純製薬型アルケミスト
 ホムンクルス:つくね(未進化、亜種フィーリル)  Lv.30

【最近の一枚】
つくねとくま

ハル 「フェイヨン→→→?
    またえらく地味なチョイスね」

キッカ 「お友達が、くまの足の裏集めてるって聞いたから、
     つくねの育成を兼ねて しばしこもってたんだよ。
     タゲとりすぎちゃったらジオ花子召喚でヒールもらうかな。
     花子はつくねより強いから、あまり近づきすぎると花子が倒しちゃうのが難点……
     ウルフ、下水道、ビッグフットと流れて、今はオークダンジョン1Fに滞在してるよ」

ハル 「メタリンには行かないの?
    出血してるところをつくねがつつけば、安定して狩れない?」

キッカ 「そうなんだけど、いかんせん遠いからねぇ、メタリンMap
     主要な収入源は露店でのポーション販売だし、
     たまり場もプロだから、あまり遠出したくないんだよ

ハル 「さみしんぼ……
    ポーションといえば、製薬はどんな調子?」

キッカ 「白ポが9割、青ポが7割くらいかな?
     赤ポと黄ポなら、支援なしでも8~9割くらいはいくよ」

ハル 「青ポの成功率はもうちょっと上げたいところねぇ…
    青ハーブは高いし。
    レベル上げはしないの?」

キッカ 「するよー。
     というか、そのためのつくねの育成。
     一緒に狩りして、レベル上げたいな、と思って。
     特にJob……」

ハル 「70台の半分は、クエストで駆け抜けたものね……」

キッカ 「もう半分は、お友達が助けてくれたしね
     その分、ソロで狩りに行こうとしたら、
     どこに行けばいいのか分からなくて
     つくねが成長してくれたら、狩り場の選択肢が増えるかなー、と思って」

ハル 「そういえば、ここ最近のことよね、レベル上げ頑張りだしたの。
     何かあった??」

キッカ 「んー、
     白ハブ10k集まったら、製薬祭りをしようと思って」

ハル 「∑ 何それ初耳なんだけど!?

キッカ 「うん、マスターが格安で卸してくれるらしいの♪
     できた白ポで、WSPも作ってみたいのだけど、
     今のままじゃ5~6割といったところで、少し心もとなくて。
     せっかくだから、少しでも成功率上げたいんだ!
     パンダカートも目前だし、せめてそこまでは上げたい!」

ハル 「珍しくやる気ねぇ。
    じゃあ、目下の目標はレベル上げと貯金ね。
    ゆらより指標がはっきりしてるのは意外かな」

キッカ 「やりたいこと…というか、できることが限られてるからね。
     それに、頑張った分だけ成果が上がるのは、やりがいあるよ。
     特に最近は、パンダカートが目の前だし、なおのこと やる気も出る!」

ハル 「そのやる気がいつまで持続するか……」

キッカ 「人のやる気に水差さないでよ! 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
ゆら 「街頭インタビューっていうより、姉妹インタビューだよね??」

ミヅ 「そんな重箱の隅をつつくような つっこみはいりません」



----- ----- -----



【プロフィール】
 揺(ゆら) Lv.94 Dex≧Vit支援型プリースト

【最近の一枚】
意外とかわいい子

ミヅ 「……なに、これ」

ゆら 「あれ、ミヅ姐 見たことない??
    老人参だよ、崑崙3Fにいるのー
    よっく見ると意外とかわいかった!」

ミヅ 「へ、へぇ?
    相変わらずまったり狩ってるんだね……
    レベル上げはしないの?」

ゆら 「や、してるよ??
    行くとこに迷ったら、旦那さんと騎士団に行くし、
    誘われたらGのモンクさんと亀島、
    気が向いたら臨時、
    時間が合えばリアル弟のwizとノーグかな」

ミヅ 「ふぅん、他には?」

ゆら 「まったりしたいときは モスコビアや海底神殿。
    のんびりできるし、BGMもドロップもいいから好きだよ。
    崑崙に行ったのはドロップ集めをしたかったからだけど、
    ここも楽しかったし、また行きたいな

ミヅ 「効率度外視だねぇ……
    旦那さんはオーラ目指してる最中なんでしょ?
    触発されて、『私もがんばろー!』って気は起きないの?」

ゆら 「う。
    それは申し訳ないと思ってる、よ…(ごにょごにょ)
    実際ね、着実に前進してるのを見たり、
    Hiプリさんと狩りをご一緒したりすると、
    やっぱり憧れるよ、転生。いいなぁ、って思う。
    でも素プリも好きなんだよ、服が!」

ミヅ 「∑ 服かい!!」

ゆら 「いや、服も!
    ただ、現状で満足しちゃってるし、
    下手に頑張ったらやさぐれちゃいそうだし……
    実際 やさぐれたし
    理想は、楽しさ重視でまったり狩って、いつの間にかレベルが上がってたー、
    そんなのがいいな」

ミヅ 「難儀な性格だねぇ……
    現状で満足してる、ってことは、もう成長する気はないの?」

ゆら 「成長したい、とは思うんだけど……
    Vitも欲しいし、もっと支援もうまくなりたいし。
    でもさっきも言ったとおり、頑張りすぎるとへばっちゃうから。
    まったり、成長したいな」

ミヅ 「あんたの相方が哀れになってきたよ……」

ゆら 「耳がイタイよ、ミヅ姐……

ミヅ 「では、今後の指標は?」

ゆら 「とりあえず、ステが Vit≧Dexになるよう調整したいな。
    もっとDexが欲しいとこだけど、装備品でいくらか調整できるから我慢。
    目下欲しいのは火鎧かな、ノーグ用。
    ニンブルグローブも欲しいけれど、あればいいな程度。
    キッカがLv.90になったら、真剣に考えるかも」

ミヅ 「当分先だね……」

ゆら 「あとは支援スキル!
    大人数PTでのスムーズな支援とか、
    狩り場にあったscの使い分けとか、立ち回りとか。
    もっと上手になりたいな!」

ミヅ 「そか。頑張りな」

ゆら 「だから ミヅ姐、頑張れないんだってば

ミヅ 「あああもう面倒な子だね! 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2008.06.11/ 23:46(Wed)
キッカ 「んー…??
     ハエと 青石と 火レジの消耗速度が尋常じゃない……
     なんでだろ??」

ゆら 「……(じわっ)」

キッカ 「∑ えっ、なんで ゆら姉が泣くの!

基地クエ1

基地クエ2

キッカ 「……なにやってんの、ゆら姉……」

ゆら 「ト…トール火山の…秘密クエ……
    レ、レベルアップ直後の、デスペナが痛くないうちに、と思っ…思っ、て……」

キッカ 「そしたら予想以上に苦戦した、と
     でも基地クエって、火山に入るのは1回でいいんでしょ??」

ゆら 「うん…でも基地侵入後に2回もサバキャンされて、街に戻されて……
    そのたびに 1Fの入り口や、基地の入り口前で転がって……
    約3時間くらいかけてクエを終わらせました……」

キッカ 「お、おつかれさま…?
     でも ものは考えようだよ、
     3時間で済んでよかったね!」

ゆら 「そう…だね……ひぃっく」

キッカ 「……
     あ、でもこのクエって、報酬がランダムに決まるんだよね!
     いいの出た??
     血枝だったら 姉妹資金がうるおうのだけど!」

ゆら 「う、実はまだもらってない…
    なんだか もったいないというか、疲れたというか、
    自分のリアルラックのなさが怖いというか!」

キッカ 「∑ 何のためにクエしたの ゆら姉!!」


----- ----- -----


(でも通るたびにMobの数が増減してたから、
 狩ってくれてたんだなぁ、というか狩れるんだなぁ、とびっくり。
 すごいなぁ……) 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(7) 
ゆら 「そんなわけで」

アサ祭り5_イグ幹

ゆら 「またもお邪魔してきました アサシン祭り!」

キッカ 「おー♪
     ソニックブロー かっこいー!
     草相手なのがさらにイイネ!

ゆら 「インジャスティスc挿しの聖書を持っていかなかったのが悔やまれます…
    一緒にソニックブローできただろうに

キッカ 「∑ いやいや 支援に専念しようよ!

アサ祭り5_ニブル行

アサ祭り5_恒例石投げ祭り

ゆら 「恒例石投げ祭り、
    今回のターゲットは、ニブルのアイドル ロリルリちゃんでした。
    拾った枝を折っても出てきたロリルリちゃん。
    どれだけ石を投げられたいの!」

キッカ 「∑ なんだかひどいや!

アサシン祭り5_ニブル一望

ゆら 「道行く人々を圧巻させつつ、目指したのは魔女の城。
    改めて見てみると いい立地ですね、さすがお城!
    魔女さんにご挨拶してから、一行は一度 プロに戻ります」

キッカ 「あれ、もうおしまい??」

ゆら 「ううん、カプラさんにお願いして 時計行き。
    地上・地下ともに、くまなく巡りました。
    このときはSPかつかつだったり、うっかりWPに入って慌てちゃったりで、
    あんまり余裕なかったのでSSがないのです……」

キッカ 「そ、そか
     でも時計だったら、狩り中の人が多くなかった??」

ゆら 「うん、けっこういたね。
    横殴りも 何度かあったみたい……
    気を付けてたし、やってしまったときはもちろん謝ったけれど、
    遠足先もよく考えなきゃな、と思ったよ…

キッカ 「でもアサシンさんたちが満足する過疎マップって……
     GHのごつミノとか、崑崙とか??」

ゆら 「ごつミノ再び、黒蛇王再びですか!
    楽しそうだけど!」

キッカ 「まぁ、次までにのんびり考えたらいいんじゃないかな?
     次回もお邪魔するんでしょ??」

ゆら 「うん、そのつもり。
    次回の開催は7月6日(土)。
    次こそはFAR状態のアサさん見れるとよいな!」

キッカ 「早っ!(次回) そして早っ(ASPD)!!」 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
ゆら・キッカ
    「たぁっだいまー!」

ゆら 「あれ、キッカ、お出かけだったの?」

キッカ 「うん、ちょっとねー。
     ゆら姉も??」

ゆら 「うん、ちょっとモスコビア行ってきた!」

くじら島

キッカ 「うぁびっくりしたぁ!;
     え、なにこれ、これがモスコビア!?;」

ゆら 「それは着いてのお楽しみーw
    見慣れればこのコも かわいいよv
    クエスト自体は、戦闘がちょこっとあるけど、たぶんキッカでも大丈夫。
    人が並んでるかもしれないけど、それはそれで、チャットが楽しいし♪」

キッカ 「ふぅん。
     ダンジョンにも行ってみたの?」

ゆら 「うん、連れてってもらったよー
    レスやマヴカ、かわいかったv
    ひとくちケーキや、ヒナレの葉やパンとかの料理材料もけっこうドロップしたよ。
    奥深い森のmobは、移動は遅いけど、物陰にたくさん隠れてるから、
    うかつに踏み込むと危険かも;」

キッカ 「ふむふむ。
     私も、つくねの育成がひと段落したら行ってみようかな?」

ゆら 「ん、つくねの育成に行ってたの?」

キッカ 「うん、ちょっと思い立ってね。
     ウルフ森がちょうどいいくらいで、まったり成長してるよ^^」

つくねとウルフ

ゆら 「いちごも集まるし、まめに叩けば緑ハブや胞子も集まるし、
    キッカにもちょうどいいくらい?」

キッカ 「だね。
     ただ今日は、ちょっと人が多かったから、
     心臓集めを兼ねて イズ3Fに行ってきたの」

つくねとオボンヌ

ゆら 「……オボンヌに、LDもらったのね?;」

キッカ 「……事前のチェック不足デス TT
     緑P持ってってなかったから 回復代わりのジオも召喚できないし、
     できても、召喚場所失敗して カナトゥス叩いちゃうし……
     数もあまりいなかったし、あまり つくねの育成には向かないかも;」

ゆら 「その辺は 狩りスキルを磨きなよ;
    でも残念だね、4Fだったらまだモチベーションが上がるだろうに」

キッカ 「1番は海底神殿だけど、4Fもいいね。
     あそこの景色やBGM、好き^^
     私とつくねじゃ、まだ無理だけど……というか、行けそうにないけど;」

ゆら 「こよいでも難しいかなぁ?
    ハルなら LoVごりおしで、なんとかなるかも??」

キッカ 「ハルが自主的に 蟻地獄以外のとこに行くことってあるの?」

ゆら 「……ないでしょうねぇ、お呼びがかからない限り;
    じゃあ結局、当分のつくねの主食はウルフになるのかしらね?
    そのあとはメタリンあたりかしら」

キッカ 「なるべく近場で狩りたいけれど…それが妥当かなぁ。
     クエアイテムもドロップするし。
     最終目標はゼノークデビューだけど、いつになることやら;」

ゆら 「まぁ、気長にのんびり頑張りなさいな^^
    キッカがパンダカート解禁になるのと、どっちが早いかなーw」

キッカ 「少なくとも ゆら姉がオーラロードに立つよりは早いと思うよ」

ゆら 「∑ キッカも言うようになったね!;」 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2008 世界の片隅でうたた寝を。, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。