RO、Sesサーバーの片隅でうとうと見る夢は、きっと綿菓子色の。
http://yuurayura.blog44.fc2.com/
admin
 

お知らせ

■禁止ワードに “http://” “@”が
 設定されています。
 悪しからず、ご了承下さいませ。
■生存確認は →こちら
調印さまへの挑戦状(仮) 【終了】
 2010/03/23~2011/11/04
 顛末は →こちら
■もひとつ出るかなチャレンジ景品発送メモ
 すみさん らりさん オーフィン
 シホさん あおさん お嬢さん るきさん

プロフィール

ゆら

Author:ゆら
揺
(蒼さんが描いて下さいました!
 ありがとうございますー!)
(クリックで元画像にひとっとび

【揺(ゆら)】
楽しいこと大好き、支援Hiプリースト。旦那さんはペコって本当ですか??

【..ハルシオン..】
魔法が使いこなせないwiz。生き甲斐は卵割り。

【眠り猫 キッカ】
お買い物が大好きな製薬ケミ。愛ホムの名前は「つくね(月音)」。

【- 小宵 -】
人見知りっ子なダンサー。奮闘しては転ぶのを繰り返す、不器用な子。

【メランコリック*】
盗作SGで卵割りを夢見るローグ。通称は「ミヅ姐」。苦労性。

【花珠(かず)】
支援もできる、高速殴りASを目指すプリースト。果てしなくマイペース。

詳細は こちら
生存確認は こちら

e_04.gif

応援しています

アサ祭り 奇数月は 第一土曜日、
偶数月は 第一金曜日、
21時からプロ南にて集合開始。
アサさんはもちろん、
アサさんが大好きな方なら誰でも大歓迎!
次回開催:2011/12/02(金)
過去ログは →こちら

【アサシン祭りカレンダー】
2011年
 12月 2011/12/02(金)
2012年
 1月 2012/01/(未定)(土)
 2月 2012/02/03(金)
 3月 2012/02/03(土)
 4月 2012/04/06(金)
 5月 2012/05/05(土)
 6月 2012/06/01(金)
 7月 2012/07/06(金)
 8月 2012/08/04(土)
 9月 2012/09/07(金)
 10月 2012/10/06(土)
 11月 2012/11/02(金)
 12月 2012/12/01(土)

著作物利用ガイドライン

このページ内における 「ラグナロクオンライン」から転載された 全てのコンテンツの著作権につきましては、 運営元である ガンホー・オンライン・エンターテイメント 株式会社と開発元である株式会社Gravity 並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に 帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin (studio DTDS) All rights reserved.
© 2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載している コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、 禁止しています。
当ページは、「ラグナロクオンライン」 公式サイト http://www.ragnarokonline.jp/ (または、ガンホーゲームズ  http://www.gungho.jp/)の画像 (またはテキスト)を利用しております。

ブログ内検索

何かありましたらこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2008.03.23/ 21:05(Sun)
ハル 「ただいまー
    あれ、こよい 帰ってきてるの?」

ゆら 「ん、ちょっと前にね。
    最近は狩りに クエにと、よく出歩いてるよ」

ハル 「家族ができて、あの子もアクティブティになったわねぇ。
    代わりにあんたの出番が減って、ちょっと寂しい?」

ゆら 「んー…少し;
    こよいが旦那さんのギルドに入ってから 特に…かな。
    今までずっと同じギルドだったから、ちょっとだけホームシック;」

ハル 「そか。
    でも ま、新しいギルドメンバーのみなさんも、良い方々だし。
    仲良くできるといいね」

ゆら 「ん。
    お友達が増えて 嬉しいかぎり^^」



 以下は姉妹の近況報告…という名の覚え書き。

【ゆら】
 ようやっと始まりました、the signクエ。
 始めて早半月ほど経過しております。
 …うん、いや、あの、いろいろと巡り合わせが悪くって;
 ゆらとバンジージャンブの相性は相変わらずなのです……

 狩りは名無しか、まったりのんびり海底神殿。
 後者は効率度外視の趣味狩り場なので、人を誘いにくかったりするのですが;
 あとは よそさまのギルド遠足に便乗して アビスやジュノ3F。
 大人数PTは楽しいです。余裕ないけど!

【キッカ】
 クエをこなして こなして、やっとLv.79。
 憧れのパンダカートも見えてきました!
 そろそろ つくねのLv.上げも考えて、まったり狩りも考え中。
 黒蛇はまだ早いかなぁ…やっぱりメタリンかしら……

【こよい】
 旦那さんと娘と、名無しを目指してクエをこなしたり、狩りをしたり。
 でもやっぱり、のんびりだったり、ゆらに構ったりで、
 あっという間に旦那さんとの公平圏外に;
 泣きません。
 それよりも さくっと火山クエを終わらせねば。
 ……うん……さくっと……さく…っと…… 
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2008.03.18/ 12:44(Tue)
キッカ 「あ、こよいちゃん~
     新婚生活はどう?
     仲良くしてる??」

こよい 「うん……
     最近は娘と一緒にクエストこなしてるよ」

キッカ 「∑ もうできたの!?;」

こよい 「旦那さんの別アカだけれど。
     Agi型スパノビ……かわいいよ」

キッカ 「そ、そう…;
     今度会わせてね^^」

こよい 「ん……」

キッカ 「家族で狩りとかもしたの?」

こよい 「旦那さんが2アカだから、夫婦ペアか母娘ペアしか……
     スキルも活用してるよ。
     親から子へのスキルがないのが残念……
     夫婦スキルは、…その……」

キッカ 「?」

こよい 「……は…恥ずか、しい……(ぽそぽそ)」

キッカ 「あー;」

こよい 「今は名無し修道院に行くためのクエをしているのだけど、
     それが終われば夫婦ペアの機会も増えるんじゃないかな…?
     それまでに矢も一通り揃えておきたいところなのだけど……」

キッカ 「……稼ぎの悪いアルケミでごめんね TT」

こよい 「……燃費の悪い戦闘職でごめんなさい……」


* * *


(や、単純に普段から露店をしてないのと、
 弓職に慣れていないのと;) 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 ……えと。
 ご報告……

 昨夜3月14日、式を挙げました。

りーんごーん

ゆら・ハル・キッカ
    「えええええっ!?;」

ゆら 「えっ、なっ、なに その不意打ち!;」

 うん…私もびっくりしてる……

 んと、当日、資金が貯まったこと報告したら、
 あ、じゃあ今日しちゃうかー、って話になって。
 たまたま集ってた…というか、
 今まさに狩りに出掛けようとしてたギルドのみなさまに報告したら、
 なんというか、うん、
 ……大騒ぎになっちゃった。

ハル 「そりゃそうでしょうよ……
    何の前ぶれもなく、『これから式挙げます』、なんて;」

 ……だね。
 悪いことしちゃった……

 本当にその日は運がよくって、ギルドメンバーも大勢 インなさってて。
 旦那さんのおともだちも集まって、
 それはもう賑やかなことに。
 エンジェラスやグロリアがきれいに並んで、とっても壮観でした。

移動移動~

 式の後は、旦那さんのギルドのたまり場に戻って 枝祭り。
 溜め込んでた枝やら、ギルドメンバーが急いで買い占めてきてくれた枝、
 約300本を ぼきぼきぼき、っと。

キッカ 「∑ 300本!?;」

 なんど転んだかなぁ…忘れちゃった……
 カーサが出てきたときはどうなるかと……
 血騎士は2体出たかな? ヨウカンも同時に2体……

ゆら・ハル・キッカ
 「………(がたがたがた)」

披露宴…?

 ひととおり折りきって、時間も時間だったから、ぽろぽろ人も落ちてかれて。
 一休みしてから、ジャワイ観光へ。
 ここでもたくさん SSを撮りました。
 でも、これはじかに見ないと、きっともったいないので1枚だけ。

キッカ 「えええっ、見せて見せてっ!」

 ごめんね、でも本当にきれいなところだから、
 ぜひ 自分の目で見てほしいの。
 旅費は高いけれど、損はしないよ、きっと。
 だから、絶対行ってみてね、ゆら姉さん。

ゆら 「え? …おぅ??」

ジャワイ旅行


----- ----- -----

(この記事を書くにあたり、SSを見直していたら、
 改めて恥ずかしくなってしまった、なんてはなしは 内緒です……)



e_04.gif

 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
ゆら 「――そんなわけでっ
    行って参りました 名も無き島、修道院っ!」

ハル 「パッチが降りて10日近く……
    楽しみにしていたわりには のんびりね?」

ゆら 「うん、いや、ちょっとした行き違いがあってね;
    わけあって入場クエは途中まで ひとりで進めたのだけど、
    ……こわっ!
    なにあそこ、ソロなんて無理ムリむりっ!
    なんで私 ノーデスベナで帰ってこれたの、
    ヒール万歳、Vit万歳っ!!」

ハル 「……意訳すると、
    1対1でいっぱいいっぱい だった、ってことね?」

ゆら 「うっうっ……
    修道院に入って、ゾンビを倒したとこでやっとSさんに追い付けて。
    修道院にもいちど挑戦。
    狩れないこともなかったけど、ぎりぎりだったなぁ;
    特に聖水切らしたのがいたかった;」

ハル 「……よくもったわね?」

ゆら 「私もそう思う;
    でも、じっくり行けば進めるし、
    緊張感のある狩りができるし。
    慣れさえすれば、良い狩場かも」

ハル 「ふぅん、良かったじゃない。
    ところで、クエは?」

ゆら 「ああ、ムリ。
    がっちりしたPTでないと、まずムリ。
    そのための臨時が募集されてるのも、よく分かった。
    でも、それがきっかけになって さらに交遊の場が広がるのは、いいと思うよ」

ハル 「だね。
    ま、しっかり楽しんでおいで」

ゆら 「ん♪」

* * *

(時間を置いて、Wizさんも交えてリベンジしてきました。
 2回転びましたが、楽しかったw
 なんだか、経験積んでってる気がする!)


e_04.gif

 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2008.03.13/ 12:39(Thu)
キッカ 「んー…青ポの在庫が今200本ちょっとだから、
     売り切れば500kは かたいかな?
     残高がこのくらいで、後々の生活費も考えて……
     すると不足分は??
     ――あー、頭イタイー;」

ミヅ 「普段から家計簿とにらめっこしてないからねぇ、キッカは。
    あんまり考えすぎると 頭から湯気が出るよ」

キッカ 「あ、ミヅ姐!
     こんにちは~」

ミヅ 「はい、こんにちは。
    聞いたよ、こよい、RO婚するんだって?」

キッカ 「あ、うん~
     こないだ初顔合わせを兼ねて、PTしに行ってたよ。
     今まではぼソロだったから、最初は戸惑ってたみたい」

ミヅ 「へぇ。仲良くできそうなら言うことないね。
    さて、これはお祝いに。
    (ぼすっ、と キッカに帽子をかぶせ)」

キッカ 「ほぇ?
     ――やだこれ、ミヅ姐にあげた…!」

ミヅ 「言ったろ、あたしには似合わない・って。
    倉庫の肥やしにするにも もったいないし、
    売り払って足しにしな?」

キッカ 「やだよ、そんなつもりであげたんじゃないよ!」

ミヅ 「キッカ。
    一度にいろんなものを手に入れようとしちゃだめだ。
    あれもこれも、って欲張ってたら、
    ほんとに身動きとれなくなるよ?
     それに……多分、結婚費用は、ひとり分じゃ足りないだろうし」

キッカ 「へ??」

ミヅ 「ま、じき分かるよ。
    とにかく、その帽子は預けとく。
    どうしても気になるんだったら、
    また貯金して返してくれたらいいよ」

キッカ 「……うん、分かった。
     ――ミヅ姐」

ミヅ 「うん?」

キッカ 「ありがとう」

ミヅ 「(小さく笑んで、キッカの頭をたたき)
    ん」

* * *

(そんなわけで。
 質に入れるつもりで、ドレスハットを手放します…)


e_04.gif

 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2008.03.07/ 12:32(Fri)
ゆら 「こよい~、おいで おいで~」

こよい 「……?
     (ててて)」

ゆら 「あのね、こよい。
    好きな人はいる??」

こよい 「………
     ゆら姉さんと ハル姉さんと キィ姉さん、
     それからミヅ姐さん……」

ゆら 「!!
    ありがと こよい!
    私も大好き!」(ぎゅー!)

こよい 「……ぐぇ」

ゆら 「ああっ、ごめん ごめん;
    ……こほん。
     あのね、実は…RO婚のお誘いがきてるの」

こよい 「……ゆら姉さんに?」

ゆら 「や、こよい に」

こよい 「……。
     …………」

ゆら 「でね、1度はお断りしたの。
    ゲームとはいえ、誰かひとりだけを選ぶのは なんだか避けたかったし、
    リアルに彼氏さんいるのに ――スキルとはいえ―― 愛してる・って連呼するのも、
    ちょっと抵抗があったし。
    でも そのあとに、何人かとおはなししてね、
    せっかくROをしているんだから、
    したい、と思ったことを我慢するのはもったいない・って言ってもらって。
    で、考えを改めてみたんだけど……
    どうだろう??」

こよい 「……相手はだぁれ??」

ゆら 「Cさんだよ。
    バードを育て始めたそうなの」

こよい 「……考えとく……」

ゆら 「ん、分かった。
    急がなくていいからね?」

こよい 「ん……」

 * * *

(マリッジブルー、というほど深刻でもないのです)

e_04.gif

 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2008.03.05/ 00:43(Wed)
ゆら 「きました、名も無き島パッチです!」

キッカ 「わぁい!」

ゆら 「前提クエも ばっちりです!」

キッカ 「おおうっ!」

ゆら 「行きかた知らないけど、まぁラヘルにポタとっとこう!」

キッカ 「いぇい! …って、え?;」

ゆら 「あ、入場クエあった あった。
    さて、行きましょー!」

キッカ 「オゥイェ!」

ゆら 「……ごめん、ご一緒する予定だったお友達が、
    前提クエ済んでなかったようなので、次の機会に……」

キッカ 「Σ ここまで盛り上がっておいて!;」

ゆら 「やー、せっかくの新しいマップだし;
    ひとりで行くのはもったいないと思って;
    代わりに、会いに行って来ました ニューフェイス、アヌビス!」

キッカ 「SDの新ボスだね!
     会えたの??」


ゆら 「ばっちり! >ヮ<b」

アヌビス1
 アヌビス2
 アヌビス3
 アヌビス4

キッカ 「……えーと??」

ゆら 「どうやら、即湧きどころか 同時湧きだったようで。
    行く先々で遭遇できましタ」

キッカ 「ボスじゃないの!?;」

ゆら 「でも弓職さんにはおいしいらしいよ??
    80~90台のハンタさんが、アンクルスネア2つで倒せる・って言ってたし。
    cも良い効果みたいだね~、天使種族の被ダメ50%オフ。
    さっそく露店に並んでいたそうな」

キッカ 「でもSD4,5て、パサナもいるし、
     SPつらいんじゃあ……」

ゆら 「……そこまでは言及できません;
    まぁ、そんなこんなでアヌビスを堪能した後は、
    Lv.90への追い込みをかけるべく、すっかり常連になりました騎士団へ。
    相手が優しいのをいいことに、あちこち見物しながらの
    まったり狩りです」

騎士団庭園

騎士団の祭壇

キッカ  「あー、以前、ギルドの遠足で連れてってもらったとこだね!
      下のは…牛?; 騎士団って、ミノタウロスを崇めてるの…?;
      てか、ほんとマイペースだよね…;」

ゆら 「やー、臨時とかだと、こーいうとこゆっくり見れないからね;
    足を止めて見てみると、ほんと、きれいな世界だと思うよ、ここ」

キッカ 「それは、同感。
     新しいマップも、早く見てみたいね^^」

ゆら 「うん、楽しみw」


----- ----- -----


(その後、サーバーが重くなりすぎたのか、
 ccできない・ログインできない、といったオチがつきましたが;
 まぁ、大型パッチだし、仕方ないのだけれど;)


e_04.gif

 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2008.03.02/ 19:31(Sun)
ゆら 「そんなわけで 行って参りました アサ祭りー!」

アサ祭り。

キッカ 「えええ!?; なんで!?」

ゆら 「ん、たまたま通りかかったアサシン祭りに、お友達がいて、
      お友達 「ゆらさんも来るー?w」
      わたし 「行きますーw」
    みたいな流れで♪」

キッカ 「へ、へぇ…;
     整列すると、壮観だね~
     行き先はグラストヘイム?」

ゆら 「の、最下層で牛イジメ…もとい牛追い祭り。
    修道院からてくてく徒歩で行きましたっ」

牛祭り1

牛祭り2

牛祭り3

キッカ 「牛さんが かわいそうすぎる!!;」

ゆら 「オール石投げで倒したりもしたよーw
    やー、笑った 笑ったww
    シメは 同行したプリさんたちにと、エンチャントポイズンで お礼をいだたきました^^
    きれいだったよ~v」

エンチャントポイズン

キッカ 「わー! いいな、きれい~v」

ゆら 「飛び込みだったけど、よくしてもらえて嬉しかった~
    また是非遊びに行きたいな^^」

キッカ 「今度もプリで??」

ゆら 「え、だってアサいないし、
    ローグのミヅ姐も ウンバラ出張中だし;」

キッカ 「それもそうだね…;」


e_04.gif

 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2008.03.02/ 00:52(Sun)
2日前のこと。

待ち人が、帰ってきたですよ。



ゆら 「………っ」

ハル 「あれ ゆら、おかえり。
    どしたの?」

ゆら 「~~~……(ぎゅー)」

ハル 「苦しい苦しい苦しいっ;
    なんなの、帰ってきていきなり抱き締めたりなんて!;」

ゆら 「……てきた……」

ハル 「は?」

ゆら 「帰ってきたの、Cさん……」

ハル 「Cさん?
    ……ひょっとして、あんたのツインリボンや、あたしのミスティックローズをくれた?」

ゆら 「(こくこくこく)」

ハル 「……そか
    (もがくのをやめて、ゆらの頭をぽんとたたき)
    よかったね、待ってて」

ゆら 「……うん…っ
    (ぎゅー)」


* * *


(泣くかと、思った)

e_04.gif

 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2008 世界の片隅でうたた寝を。, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。