RO、Sesサーバーの片隅でうとうと見る夢は、きっと綿菓子色の。
http://yuurayura.blog44.fc2.com/
admin
 

お知らせ

■禁止ワードに “http://” “@”が
 設定されています。
 悪しからず、ご了承下さいませ。
■生存確認は →こちら
調印さまへの挑戦状(仮) 【終了】
 2010/03/23~2011/11/04
 顛末は →こちら
■もひとつ出るかなチャレンジ景品発送メモ
 すみさん らりさん オーフィン
 シホさん あおさん お嬢さん るきさん

プロフィール

ゆら

Author:ゆら
揺
(蒼さんが描いて下さいました!
 ありがとうございますー!)
(クリックで元画像にひとっとび

【揺(ゆら)】
楽しいこと大好き、支援Hiプリースト。旦那さんはペコって本当ですか??

【..ハルシオン..】
魔法が使いこなせないwiz。生き甲斐は卵割り。

【眠り猫 キッカ】
お買い物が大好きな製薬ケミ。愛ホムの名前は「つくね(月音)」。

【- 小宵 -】
人見知りっ子なダンサー。奮闘しては転ぶのを繰り返す、不器用な子。

【メランコリック*】
盗作SGで卵割りを夢見るローグ。通称は「ミヅ姐」。苦労性。

【花珠(かず)】
支援もできる、高速殴りASを目指すプリースト。果てしなくマイペース。

詳細は こちら
生存確認は こちら

e_04.gif

応援しています

アサ祭り 奇数月は 第一土曜日、
偶数月は 第一金曜日、
21時からプロ南にて集合開始。
アサさんはもちろん、
アサさんが大好きな方なら誰でも大歓迎!
次回開催:2011/12/02(金)
過去ログは →こちら

【アサシン祭りカレンダー】
2011年
 12月 2011/12/02(金)
2012年
 1月 2012/01/(未定)(土)
 2月 2012/02/03(金)
 3月 2012/02/03(土)
 4月 2012/04/06(金)
 5月 2012/05/05(土)
 6月 2012/06/01(金)
 7月 2012/07/06(金)
 8月 2012/08/04(土)
 9月 2012/09/07(金)
 10月 2012/10/06(土)
 11月 2012/11/02(金)
 12月 2012/12/01(土)

著作物利用ガイドライン

このページ内における 「ラグナロクオンライン」から転載された 全てのコンテンツの著作権につきましては、 運営元である ガンホー・オンライン・エンターテイメント 株式会社と開発元である株式会社Gravity 並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に 帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin (studio DTDS) All rights reserved.
© 2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載している コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、 禁止しています。
当ページは、「ラグナロクオンライン」 公式サイト http://www.ragnarokonline.jp/ (または、ガンホーゲームズ  http://www.gungho.jp/)の画像 (またはテキスト)を利用しております。

ブログ内検索

何かありましたらこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2007.12.30/ 07:52(Sun)
hukubukuro

nuigurumi

饅頭


ハル 「……なに、これ」

ゆら 「ふっ ふっ ふっ ふっ ふっ ふっ ……
    行ってきちゃいました、冬コミ1日目っ!」

ハル 「(ぽん! と両手を叩いて)
    あー!
    そう…行ってきたの、あの人の群れ……」

ゆら 「うん……もみくちゃにされてきたよ……

    楽しかったからいいけどねっ!
    しかし あそこは魔所ね;
    せっかくなんだから、って思うと財布の紐がゆるむ ゆるむ;」

ハル 「の割りにはメモリアルブックがないのね?
    欲しがってなかったっけ?」

ゆら 「売り切れでしたが何か?」

ハル 「……ああ;」

ゆら 「でも それ以上の買い物したからいいけどねっ!
    それにしても、
    今回は怒らないんだ? 我が家の財務大臣……」

ハル 「リアルでどれだけ浪費しようと、私たちの懐にダメージはないからね(しれっ)」

ゆら 「ものすごく納得」


* * *


(アイテムチケットがいろいろ入っててほくほくなのですよ~v
 年に一度くらいは、いいですねっ、こういうのもっw)
(しっかり企業戦略に乗せられてる、なんてのは禁句です)


e_04.gif


 
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2007.12.29/ 06:16(Sat)
キッカ 「いっ……

     いやぁあああー!!」

ゆら 「なっ、なに、どうしたの!?」

キッカ 「つくね…つくねの親密度が…っ
     疎々しい から 気まずい に…っ」

ゆら 「ええ!?;
    どうしてまた……心当たりは?
    転がし過ぎたとか、餌をやり忘れたとか;」

キッカ 「こっ…心当たりがありすぎる…っ
     うぁあーん、どうしよう ゆら姉~ T△T」

ゆら 「ど…どうすればいいんだろ…(おろおろ)」

ハル 「そうぞうしいわねー…なにごと?」

キッカ 「ハハハハハルっ、つくねが~;」

ハル 「つくねの親密度が 気まずい に?
    良かったじゃない、おめでと」

キッカ・ゆら 「∑ ……!!」

ハル 「なによ?」

キッカ 「ハルがそんな子だとは思わなかった…!
     ひどいや!!」

ゆら 「いくらハルでも、それはあんまりよ!」

ハル 「なんで!?;
    親密度が上がったんでしょ!?;」

キッカ 「そうだよ親密度が、
    ……へ?? 」

ハル 「……一応、確認。
    ホムの親密度って、下から
    嫌い → 疎々しい → 気まずい → 普通(以下略)よね?」

ゆら 「……そなの?」

キッカ 「じやあ、親密度が上がった…ってこと??」

ハル 「うん」

ゆら・キッカ 「………」

キッカ 「やったぁー!
     ありがと つくね、これからもよろしくねっ!」

ゆら 「良かったね キッカ!
    お祝いしなきゃ!」

ハル 「え、ちょっと待って、なに 私 怒鳴られ損?;」

* * *

(や……心底あせった、という話)
(ホム親失格だっ TT)


e_04.gif


 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2007.12.24/ 08:05(Mon)
10-2-2

ゆら 「メリー! クリスマース! >ヮ<」

ハル 「堪能してるわねー、クリスマス」

ゆら 「うんっ!
    初めてだから、テンションも上がる上がる!w」

キッカ 「ひたすらサンタさんのお手伝いクエやってたね、ゆら姉。
     あとはプレ箱のラッピング。
     あれって有料でしょ?
     よくハルが許してくれたね?」

ゆら 「それは私も不思議。
    てっきり怒られるかと、内心はびくびくものだったんだけど……」

ハル 「日頃お世話になってる方々に、こんなときくらいはお返ししないと。
    そのためなら延々卵割りだってやったげるわよ。
    ……まぁ、空き瓶の売れ行きが悪かったのは予想外だったけど」

キッカ 「包装用品て、高いよね……」

ゆら 「うん……
    私 初めて、貯金って大切だと思った……」

 ※姉妹はこの度のクリスマス準備に、破産直前までいきました。
  4人とも、手持ち金が4桁以下に……

ハル 「まぁ、いい薬だったわよね」
(↑覚悟して今回のパッチに臨んだため、それほどダメージはない)

ゆら 「ハイ……;」

キッカ 「でもそのぶん、楽しい1週間だったw
     冬はイベントが集中してて 楽しいねーw」

ゆら 「ねーw
    まだ未体験のパッチもあるし、待ち遠しいw」

ハル 「そうね。
    でもまだクリスマスパッチは続いてるんだから。
    まだお届けできてないかたのとこ、行くわよ」

ゆら・キッカ 「「はーいv」」

ハル 「こよいは 私とお留守番ね。
     クリスマスパッチで撮ったSSを整理しましょ」

こよい 「うん……
     ――ねぇ、ハル姉さん、
     ここに飾ってるスティックキャンディ、食べていい?」

zi

ハル 「やめときなさい;」

  

>>>Read more

編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 キッカの転職お祝いに テイミングセットをいただいたり、
 クエでもらったり ドロップしたりと、
 またまたテイムアイテムが増えてきたので、
 行ってきましたテイミングツアー >ヮ<

ハル 「虹色ニンジンに青年ミミズ、錆びた鉄、腐った魚、服従の腕輪、光る石、彼女の想い……
    これまた よりどりみどりね;」

 ふふふw
 全部テイムできたら、さぞ賑やかでしょうねーw

ハル 「ペットが1匹ずつしか連れ歩けない仕様で良かったよ;
    で、戦果は?」

 そう それ!
 まずはルナティック! 失敗!

ハル 「ほー」

 次、ピッキ! 失敗!

ハル 「あらあら」

 次、チョンチョン! 失敗!

ハル 「ふーん」

 次、スティールチョンチョン! 失敗!

ハル 「へー……」

 次、イシス! 失敗!

ハル 「……」

 次、プティット! 失敗!

ハル 「…………」

 次、ボンゴン! 失敗!
 でもボンゴンcゲット!

ハル 「……って、
    えええっ、1匹でしょ!?」

 うん、1匹目のテイムに失敗して、
 立ち去り際にヒール砲したら、ひらり。
 思わぬときに落ちるよね、cってw

ハル 「ほんとにね……」

* * *

(でもせめて、2匹は連れて歩いてみたい……
 ルナティックの「しろぽ」と デビルチの「くろぽ」を並べて召喚してみたいのですよw)
(そのためにはまず、ルナティックとデビルチを捕まえ直さねばならないのですが orz)


e_04.gif

 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2007.12.19/ 13:06(Wed)
ゆら 「やーほー」

ハル 「あら ゆら、ご無沙汰ね。
    何かあったの?」

ゆら 「違う 違う、何もなかったのー」

ハル 「……は?」

ゆら 「ここしばらく、クエやら臨時やらでExpがたまりやすくってね、
    勢いづいてるうちにと思って、レベル上げに専念してたのー」

ハル 「……また修道院デスカ」

ゆら 「うんっ^^」

ハル 「語り部クエが終わってから、さらにドルさまに入れこむようになったわねー;
    で、無事にレベルが上がったわけだ」

ゆら 「おかげさまで^^
    これで組める人がぐっと増えて、嬉しい限り♪」

キッカ 「(にょきっ)
     じゃあ今度は私の番だねっ!」

ハル 「うわっ!?;」

ゆら 「あら キッカ、おかえりー」

キッカ 「ただいまー
     そして行ってきまーす!」

ゆら 「はーい、気を付けてねー」

ハル 「……なんなの、今の小嵐は……」

ゆら 「ふふふ、
    キッカも狩りに行きたくて うずうずしてたからねぇw」

ハル 「なに、どういう心境の変化?;」

ゆら 「んー、こないだ試しにファーマシーをしてみたそうなのね?
    そしたら支援込みで、成功率が30%弱だったみたいで」

ハル 「Dex≧Luk=50、
    ラーニングポーション=ファーマシー=6なら、
    まぁ そのくらいが妥当でしょうね」

ゆら 「さすがに落ち込んだらしくって。
    クエでレベル上げも考えたらしいんだけど、
    あのこ 今 Lv.56だからもったいないし。
    そんなわけで てっとり早く、
    葉猫狩りリターンズやってるみたいよー」

ハル 「散財狩り再び…ね;
    まぁ アユタヤまでのアクセスが容易な、今のうちね」

ゆら 「そゆこと。
    ところでハルの近況は?」

ハル 「ゆらが狩りに専念してくれてたおかげで、
    ちっとも卵割りができなくてね……
    しばらくインしてなかったんだけど、昨日久々にプロに帰ったわ」

ゆら 「ああ、クリスマスパッチ!」

ハル 「そう それ。
    アンソニを探しに行ったんだけど、
    ……どこにいるの、あの偽サンタ」

ゆら 「さ、さぁ……;
    私もサンタポリンにしか会ってないから;」

ハル 「期間が1週間しかない・ってのがネックなのよねー」

ゆら 「そうねー;
    リングとか 名前入りプレ箱とか作ってみたいんだけどなー;」

ハル 「ところで こよいは?」

ゆら 「んー、伸び悩んでるわねー;
    もともと装備も揃ってないから地道に稼ぐしかないし、
    最近は私やキッカが狩りに行っちゃうから」

ハル 「難儀ね;
    今年中に転職は無理かしら?」

ゆら 「多分……;」


e_04.gif

 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2007.12.13/ 18:53(Thu)
こよい 「ハル姉さん、実は矢が……」

ハル 「ああ、そろそろ切れるころだろうから・って、
    キッカが買い足してたわよ。
    倉庫のぞいてごらん?」

こよい 「ありがとう……」

 キィ……

 ど さ ど さ ど さ っ !

こよい 「……ぐぇ」

ハル 「Σ こっ、こよいー!?
    なっ、なに、なんなのこの倉庫、
    許容量オーバーしてるじゃない!;」
    (倉庫の物品の雪崩から、こよいを救いつつ)

ゆら 「あ、やほー、ハルー、こよいー
    ……あらま、倉庫 開けちゃった?」

ハル 「開けちゃった・って、
    犯人はあんたなの ゆら!?」

ゆら 「あははー?
    まぁこれには深い事情がねー?;」

ハル 「どんな事情があったらスマイルマスクが5枚とか、
    マインゴーシュが6個とか、
    大量の頭装備が増えてたりすんのよっ!」

ゆら 「実はまだあったり……
    ほらほら、ファッションサングラスー」

ハル 「どっから出てくるの!」

ゆら 「いや、あの、落ち着いて聞いてね?;
    実はGメンのひとりが、接続極薄になるらしくって。
    メインのハンタさんとダンサさん以外の装備を、解体だ~・って、分けてくれたの」

ハル 「ああ…それでトライデントやらシールドやらがあるわけね」

ゆら 「たまたま居合わせたのが、私を含めて
    3人だけだったから、こんな量になったわけ。
    でもね、その人も引退するわけでないし、今後、
    もし新しいキャラを作るときのために・って、
    装備は預かっておく形にしよう、ってことになって」

ハル 「それがこの装備品の山ってわけ……」

ゆら 「うん……」

ハル 「? なんだか うかない顔ね;
    その人には また会えるんでしょ?」

ゆら 「ん、まぁ、そうなんだけど……」

ハル 「(頭装備をかぶって遊ぶ こよい を横目に)
    欲しがってた たれ猫ももらえたのに、嬉しくない?」

ゆら 「や、嬉しいよ。嬉しいんだけど……
    なんていうか……」

ハル 「?」

ゆら 「んー……
    確かに たれ猫も ミニグラスも、
    フアッショングラスも欲しかったんだけど。
    そのために、アイテムも集めてたんだけど。
    でも それって 大変でも、集める過程も、
    それなりに楽しいもので。
    こうやって、苦労せずにもらうのは…なんだか
    もったいないというか、申し訳ないというか。
    その人が頑張って集めたり買ったりしたものを、
    そんな簡単にもらっちゃって いいのかなぁ……と、ね」

ハル 「ああ…なるほどね」

ゆら 「嬉しいには嬉しいんだよ?
    でもなんだか、素直に喜びきれないというか」

ハル 「贅沢な悩みねぇ;」

ゆら 「うん……」

(姉ふたりをよそに、こよいは もくもくと頭装備試着中)
tareneko

ハル 「……ん??
    ちょっと待って、こよい、それ……」

こよい 「倉庫の中に……」

ゆら 「そうそう、なんとなしに引いたラグくじで当たっちゃったのーv
    たれ猫(灰)ーv」

ハル 「あんた……
     倉庫を一杯にした張本人が何してんの…っ」

----- ----- -----

(ちなみに、残りふたつは
 金の魂の輪と 矢りんごでしたw)

e_04.gif


 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2007.12.13/ 18:08(Thu)
 性懲りもなく、小話らしいです。
 「in dark」の続編というか、おまけというか。

 こめかみに傷の在るプリさんのお名前は、「セイ」だったようです。
 
 

>>>Read more

編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 Gメンや、おとなりのGさんと遊んだSSをぺたり。

man

 応用すればいろいろできそうです。
 憧れの男装も夢ではない!

ハル 「え、憧れてたの?;」

 こんなこともできたりします!

marder

ハル 「ひっ……!lll」

e_04.gif


 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2007.12.08/ 20:25(Sat)
ゆら 「うぁあああーん!
    ハールー!」

ハル 「うあっ!? なっ、なにごと!?」

ゆら 「語り部さん、語り部さんにそんな過去が、過去が…っ!」

ハル 「だから なんの話!?」

こよい 「語り部クエですよ、モンスターサイドストーリーズ。
     報酬につられて、ふらふらやってみたそうです」

ゆら 「かーたーりーべーさーんーがー! T□T」

ハル 「そんなに悲しいおはなしなの?;」

こよい 「いえ…単純に ゆら姉さんが
     とあるモンスターに思い入れがあったがために、
     感傷的になっているのかと」

ハル 「ふうん?;
    まぁ まだプレイしてない人のために、ネタバレは避けておこうね;
    【続き】に小さく、こっそりね」
  

>>>Read more

編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
キッカ 「こーよいちゃーん、
     はい、矢筒各種~」

こよい 「ありがとう…
     あ…キィ姉さん、スキルクエでいくつかアイテムが要るのだけど、
     持ってないかな…?」

キッカ 「んー、ちょっと待ってね~
     ……んと、古木の露と 鱗の茎は少ーしあるよ。
     毒キノコの胞子はこれで足りるね。
     あとは 鳥のくちばし…あー、ペコペコのドロップだねー」

こよい 「鳥のくちばし……」

キッカ 「?」

こよい 「(じー…)」

キッカ 「∑ だっ、
     だめだよ、つくね(仮)の くちばしは あげれないよっ!;」

* * *

(矢作成とチャージアローのアイテムが混ざってるのは内緒です)


e_04.gif

 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2007.12.04/ 22:55(Tue)
koyoi

こよい 「はじまして、こんにちは。
     ほとんど勢いで姉妹の仲間入りをすることになりました、こよい です」

ハル 「はい、これからよろしく。
    て、あれ、…ずいぶん成長早くない?;」

こよい 「ご好意で、修練所を出た直後から支援やら壁やらいただけたので。
     作成されてからほんの30分かそこらで、ベースが26…くらいでしょうか」

ハル 「えらくハイスピードね…;
    じゃあ文字通り、アーチャーからのスタートなんだ」

こよい 「そうなりますね。
     はじめは矢の放ち方も分からなくて。
     弓を装備したのにモンスターに攻撃できなくて戸惑いました」

ハル 「弓職は初めてだものね。
    そういうのも、とっても新鮮」

こよい 「そうですね。
     今はシシィさんのブログを参考に、ウルフを狩ってます。
     横殴りは怖いんですが、人とよく遭遇するので、ちょっとしたエモのやりとりが楽しくて。
     なのでもう少し ここに こもろうかと」

ハル 「なるほど?
    ところで こよい。
    ……ひょっとして緊張してる?;」

こよい 「……弱冠」

ハル 「かーわいいなぁっ!(がばっ)」

こよい 「∑!?」

* * *

(普段姉妹に振り回されてる分、おとなしい こよい が気に入ったようですヨ、ハルシオン)
(ちなみに現在、Base40、Job29)


e_04.gif

 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2007.12.03/ 18:32(Mon)
ゆら 「ハルー おいでおいでー
    (手招き 手招き)」

ハル 「……な、なに…?」

ゆら 「うん、ちょっと真面目なおはなしー」

ハル 「……?;」

ゆら 「んとね、ソロキャラを作ろうかなー、と思うの。踊り子娘」

ハル 「……ああ
    (姿勢を正して)
    なぁに、シシィさんに影響された?」

ゆら 「や、それも多少あるんだけど。
    もともと育ててはみたかったの。
    養子にしてもらって、バードと双子にしたらきっとかわいい!と思って」

ハル 「そういやそんなことも言ってたね…;」

ゆら 「私は支援職だし、ハルはこれ以上成長する気がないし。
    キッカは製造ステだから、なおさらソロできないし。
    なにより アローバルカンがかっこいい!」

ハル 「それジプシーのスキルだよ、転生職の!;」

ゆら 「うん、遠い目標。
    …というのもね、寂しいのよ、Gメンがいない間。
    臨時に行きたくても、30分やそこらの、半端な時間だし」

ハル 「キッカのホムがいるじゃない。
    ある程度育てて、一緒に葉猫狩ったら?
    製薬ケミなのに、いまだに製薬できてないじゃない」

ゆら 「うん…まぁ、そうなんだけど……」

ハル 「それにソロしたいなら、
    ダンサーよりハンターの方が狩りやすいんじゃないの?」

ゆら 「いや、うーん、……えーと。
    白状すると、1番の理由は、
    某アンソロジーのジプシーさんに影響されたというか」

ハル 「…あああ、磔刑のイライザ」

ゆら 「かっこいいよね! ね!」

ハル 「……ま、どうしてもやりたければ 止めてもやるだろうし。
    好きにしなよ」

ゆら 「! ありがと ハル!
    実はもう名前も決めててね、“小宵”っていうの!
    仲良くしてね! (>ヮ<)」

ハル 「あたしに相談するまでもなく やる気満々だったんじゃない!;
    新キャラの名前よりも、ホムの名を早く決めたげなさいっ!;」

ゆら 「え、“つくね”でしょ?」

ハル 「∑ あれ本気だったの!?;」


e_04.gif

 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
キッカ 「あ、ハル おかえりー」

ハル 「ん、ただいま。
    あれ、ゆら は?」

キッカ 「おともだちさんと お出掛け~
     大統領クエするんだって」

ハル 「ふぅん。
    ま、ゆら が1番移動しやすいしねぇ」

ゆら 「たっだいま~」

ハル 「あら、おかえり。
    しっかり稼いでこれた?」

ゆら 「うん! 16%もらってきたよ^^
    青箱ももらったし、そだ、
    ランドグリゴーストやスコグルにも遭遇できたの!」

ハル 「……ちょっと待って。
    大統領クエに、そんなの出たっけ?;」

ゆら 「あー、それがね、
    大統領との面会時間に間に合わなくって;
    急遽 オデン神殿クエにシフトしたの~」

ハル 「大統領も忙しいのね…;」

キッカ 「ゆら姉 ゆら姉、
     クエはどんなだったのー?」

ゆら 「んーとねー♪」
 
oden
↑一足先に、神殿地下をぺたり。
なんだかタナに通じる雰囲気が。 

>>>Read more

編集[管理者用] Trackback(0) Comment(1) 
2007.12.02/ 07:51(Sun)
ゆら 「たぁっだいま~♪」

ハル 「ん、おかえり」

キッカ 「おかーえりー
     どこ行ってたの??」

ゆら 「んとね、おとなりのGさんが
    迷宮の森3層に遠足しに行ってるって聞いたから、
    遊びに行ってきた!」

ハル 「あー、あそこは楽しいらしいね。
     いろいろモンスターがいて」

キッカ 「でもあそこって、迷子になりやすいんじゃなかったっけ?
     バフォさま、出るし」

ゆら 「うん、同行したクリクルセさんがいなかったら、
    絶対 合流できなかったなぁ。
    あ、バフォさまにも会ったよ~」

bom

ハル 「………」

キッカ 「おおーぅ! バフォさまだ!
     初めて見た~!」

ゆら 「うん、私も初めて!
    SSでは撮れなかったけど、取り巻きのバフォJr.がたっくさんいてね、
    きれいに整列してて、かわいかったよ~
    パパ大好き!ってカンジでw」

ハル 「……ちなみにデスペナは?」

ゆら 「7くらいかな?
    青石、3~40個持ってたんだけど、久々に使い切った!
    強いね、バフォさま!」

キッカ 「いいな~、わたしも会いたいな~
     まだストームガストと ハティーしか会ったことないー…
     ――ん? ハル、どうしたの?」

ハル 「……もう、突っ込まないからね……」

ゆら・キッカ 「???」


e_04.gif

 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2007 世界の片隅でうたた寝を。, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。